ブログ書きたくないのでITの話に逃げるw(ブログに興味ある人にはタメになる話)かも

ブログ書く気にならないのでITの話で現実逃避しますw

 

 

 

image

 

 

 

 

そんなわけですから、エロい話ではないのでエロい話のみ希望の方はどーぞスルーしてくだされ。

 

stamp-20160115-2

 

 

 

 

 

さて、当サイトが急なサーバー移行を余儀なくされたのは記憶に新しい先月の事でした。

サイト閉鎖?!究極のピンチ到来にどうなるポンコシ・もずく部長の風俗嬢報部?!
サイト閉鎖?!究極のピンチ到来にどうなるポンコシ・もずく部長の風俗嬢報部?!

みなさんこんばんは :-D 週末エンジョイしてますでしょうか。 ポンコシは只今修羅場の渦中におります :mrgr

 

 

 

経緯を説明しますと、

 

 

以前使用していたサーバーは、ロリポップレンタルサーバーと言う会社のサーバーを利用していました。

 

ここは、非常に安価で高性能なサーバーの機能を提供している名前とは裏腹に非常にまともな会社だと思いますw

 

100円/月とかからサーバースペースがレンタル出来ます。

 

 

ただ、ブログをやるためには記事ページ生成を自動化するシステム(プログラム)が必要です。

 

このシステムと言うのが、たまに話に出てくるWordPress(ワードプレス、以下WP)ってやつになります。

 

WPの様なブログシステム(CMSと言う)を利用すると、コンピューター言語を書かなくてもブログの記事ページをどんどん書いて生成して行く事が出来ます。

 

韓デリ嬢報部がまだいるライブドアブログもCMSです。

 

(ライブドアのサービスはCMSの管理画面のみ利用できるのに対し、自分でサーバーをレンタルする場合はサーバースペースを借りるので、CMS以外にもデータストレージや独自メールとしても利用できます)

 

 

昔、CMSがまだ世に出回っていなかった頃は、こう言うの☟をひたすら書いて実際にページ毎にファイルを手で作ってウェブサイトを作成&更新していました。

 

Screen Shot 2016-05-19 at 22.58.13

 

 

 

でも、WPを使うとこんな画面で☟記事ページの記事部分を書いて投稿出来ます。

 

wordpress

 

 

ただ、トップページや記事ページの記事本文以外のデザインであったりを独自に変更するにはコンピューター言語を書かなければいけない場合がほとんどです。

 

WPの様なCMSは記事ページをどんどんお手軽に作成してくれるツールだと思って下さい。

 

 

サーバーから話が逸れましたが、このWP(=CMS)を使うためには(記事本文やコメントを格納する)データベースが必要になります。

 

これは、WPは記事を投稿した時にウェブページそのものを作成してファイルとしてサーバーに保存するのではなく、ユーザーからページを見たいと依頼があった時に、データベース格納されている記事本文やその他色々なページ情報を取り出してきて、ページを組み立ててからそれをユーザーのブラウザー(IEとかFireFoxとか)に渡しているからです。

 

 

で、ロリポップでそのデータベースが利用出来る最安プランが250円/月と言う爆安となっておりますw

 

当初、嬢報部もこの250円の爆安プランを利用していました。

 

 

 

 

 

しかしこのロリポップ、

 

 

 

 

 

 

なんとアダルトコンテンツの公開があかんかったのですw

 

 

 

img_0599.jpeg

 

 

 

 

ロリポップの様な有名どころの共有サーバー(サーバー機をシェアするタイプ)はサーバー機やネットワークのスペックがかなりしっかりしているので、相当のアクセス負荷にも耐えられて設定なんかもロリポップが勝手にやってくれて楽チンで良かったんです。

 

 

 

ところがどっこい、出てけと言われたもんですから、しょうがないですね。

 

 

 

image

うわーい

 

 

 

 

と言うわけで、今度はアダルトOKなサーバーを探しました。

 

 

 

ところがまたどっこい、アダルトOKなとこってスペックと言うか、使える性能の制限がしょぼいとこが多いこと多いこと。

 

制限がしょぼいと何が起こるかと言いますと、例えばサイトに同時に100人とかがアクセスすると、それ以降の人にはエラーが出てページが見れなくなったります。

 

さらに、これがしばらく続くと今度はアクセス制限が入り誰も見れなくなってしまいます・・・

 

俗に言う、あのサイトダウンしてない?ってやつです。

 

 

これは、ウェブサイトにアクセスが集中した時にサーバーのウェブページへのリクエストを処理する機能に高負荷が掛かるせいでサーバー全体が機能出来なくなるのを避けるための措置です。

 

Windows上で重いアプリケーションを使用したせいで、Windowsがフリーズし、コンピューター自体を再起動しなければならなくなる感じに似ています。

 

また、共用サーバーなんかでは他の人と1つのサーバー機の性能をシェアしてるので、1つのサイトが受ける高負荷で同機内のある他のサイトが影響を受けてしまってはサービスとして成り立ちません。

 

1人だけがサーバー機のリソースを独占して使用してしまうのは他の契約者に迷惑と言うことです。

 

 

と言うわけで、アダルトOKでかつ高負荷にも耐えられるサーバーを探して現在のサービスに辿り着きました。

 

と言っても実際には探す所から契約までは6時間程度で決めなければなりませんでした。

 

 

 

なにせ、ロリポップのバカたれが72時間でアカウント停止するとかぬかすものですからw

 

 

image

 

 

 

 

 

その後に待っているデータ移行作業やサーバーの設定等を考えると作業は48時間以内に完了、何か問題が発生した時のために24時間は取っておきたかったのです。

 

 

そして、高負荷にも耐えられるサーバーと言う事を考え今回は共用サーバーをやめ、嬢報部専用のエロサーバーを手にいれましたw

 

で、データ移行作業+とりあえずのサーバーの設定自体は12時間程度で無事完了。

 

通告から48時間後には特に問題無くサイトの移行を完了する事が出来ました。

 

 

 

と言うのが、先の騒動の全容になります。

 

 

 

 

なんか前置きのつもりがやたら長くなってしまいましたw

 

 

 

 

さて、データの移行を済ませた嬢報部は一応問題無く公開出来て運用される様になりました。

 

 

ただ、今回手にいれたのは専用サーバー。

 

嬢報部だけが使用するサーバーなのでこちらで全て面倒見なければいけないんです。

 

 

面倒を見ると言うのは、サーバーの色々な設定をこちらで行わなければいけないと言う事です。

 

あるのはサーバー機とインストールされたばかりのサーバーOS。

 

なかなかの放置プレイですw

 

ウェブサイトを置くウェブサーバーと言うのは、色々設定がありその設定によってサイトの表示速度なども変化してきます。

 

公開当初は必須のネットワークやデータベースの設定を行ったのみで、ウェブサーバーのカスタマイズは手を付けていませんでした。

 

 

 

 

 

で、そうこうしてたらヤツがやって来ましたねw

 

predator-1

 

 

 

あの一週間は飲んだくれてサーバーカスタマイズどころじゃなかったですww

 

 

 

 

で、その後もなんだかんだ忙しくて、今週になってようやく触る事が出来たのでその弄った設定の備忘録を書こうと思ったのがこの記事です。

 

 

でも、すでにやたら内容が長くなったので、備忘録は次回書く事にしますw

 

 

 

 

 

 

と言うわけで、次回はWPをウェブサーバーNGINXで動かすための設定と、NGINXのプロキシキャッシュとかその他高速化のための設定、を技術備忘録的に書こうと思います。

 

 

 

 

いやーIT系の記事はホント書きやすい・・・

 

 

なんでエロブログやってんだろオレw


2 comments to this article

    • ポンコシ

      on 2016/5/20 at 4:31 PM - 返信

      わかるやろがい(╬ಠ益ಠ)!!

コメントを残す