日本風俗【吉原 ソープランド】日本屈指のソープランド街 遊郭の時代から続く吉原をブラリと歩いてみた【風俗口コミ】

もずく部長の前置き

遂に我慢出来なくなって天の神様がお漏らししました!(一般的には雨と言いますが)

 

 

もずく部長が東京に居てこんなに長く雨が降らなかったのは本当に珍しいです

 

 

天気良いから 「明日 吉原のソープランドでも見に行ってみるか」と思ったら

 

 

いきなり雨が降りました

 

マジでパカやろぉだ

 

 

まあ雨天決行の予定だったので予定通り吉原のソープランドに行ってみる事に

 

 

なんで行こうと思ったのかというと

 

もずく部長 愛知県に住んでいるのですが 岐阜県の金津園のソープランドって2回くらいしか行った事がありません

 

どの辺にあるとか どおやって行くとか隣の県に住んでいるのに全然分かりません

 

 

ソープランドって意外と 名前は知ってるけど行った事ないし どこにあるのか分からない人多いと思うんですよね

 

デリヘルは行った事あるけど ソープランドに行った事ない人も沢山いると思いますし

 

 

 

すすきの(北海道)・川反(秋田)・桜町(茨城)・大宮北銀座(埼玉)・栄町(千葉)・吉原(東京)・堀之内(神奈川)・8裏春日(山梨)・金津園(岐阜)・大門(愛知)・福原(兵庫)・雄琴(滋賀)・流川(広島)・船頭街(福岡)・中洲(福岡)・武雄(佐賀)・嬉野(佐賀)・中央町(熊本)・甲突町(鹿児島)・辻(沖縄)

 

 

全国にある有名なソープランドエリアです

 

 

どれくらい知ってますか?

 

 

もずく部長は 名前は聞いた事はあっても

 

どこにあるのか知らないところがほとんどです

 

 

 

なので今回はせっかく東京にいるのなら 「吉原のソープランド街がどんな所なのか見に行こう!」となりました

 

吉原ソープランドとは

吉原のソープランド街とは東京都台東区千束4丁目にある有名なソープランド街で、その歴史は江戸時代から続いています

 

かつて遊廓として栄えており、今も昔も男が女を買う街なのです

 

吉原のソープランドは広義では銭湯や健康ランドと同じく浴場の1つです

 

その為、お店には入浴料という形でお金を支払い、女の子には別途サービス料を支払うのが基本です

 

サービス内容はあくまで入浴のお手伝いとされ、事が起きてもそれは男女の自由恋愛という事になっています

 

実際恋愛感情があるかないかは別にして、そんな恋愛の場であるのが吉原のソープランドなのです

吉原ソープランドの店の数

吉原エリアだけでソープランドの数は130店舗以上(2017年3月)、総額60,000円以上する高級店は30店舗以上存在しています

吉原ソープランドのシステム

ソープランドの料金は大きく分けて3つに区分されます

 

 

1つ目は大衆店、60分前後のコース時間で総額20,000円以下のお店を指し、吉原のソープランドでは最も安価なソープランドです

 

安かろう悪かろうだったのは少し前の話で、虚しく不景気が続く昨今では、高額なソープランドでのお客さんの減少により高級店の嬢が大衆店に移ってくるケースも少なくありません

 

その為、嬢をしっかり見極める事ができれば大満足できる高コスパ店になり得るとも言えます

 

 

大衆店の上位ソープランドとして位置するのが中級店、相場は30,000〜40,000円前後でコース時間も90分前後

 

基本的なプレイの流れは大衆店と同じですが、プレイ時間が長い分、スケベ椅子プレイやマットローションプレイを楽しめるソープランドも多くあります

 

大衆店に比べ女の子のレベルも高く、失敗したくない人にはオススメと言えます

 

 

そして吉原ソープランドで最上位に位置するのが高級店

 

コース時間、女の子のルックス、接客態度の全てが最高レベル、総額は60,000〜80,000円以上

 

店内は一般の風俗店とは異なり、別世界に来たような気分を味わいながらプレイ時間を過ごす事ができます

吉原ソープランドへのアクセス

吉原のソープランドへのアクセス方法は、JR鶯谷駅(徒歩約20分)、日比谷線三ノ輪駅(徒歩約9分)、日比谷線入谷駅(徒歩約17分)、つくばエクスプレス浅草駅(徒歩約17分)の4パターンが一般的です

 

しかし、交通の便が悪いので、ほとんどのソープランドが無料送迎のサービスをしてくれます

 

三ノ輪・鶯谷・日暮里・上野・浅草など、店によって送迎ポイントが違うので事前に店舗に確認しましょう

 

 

今回は吉原のソープランドから1番近く、徒歩圏内にもある日比谷線三ノ輪駅からのアクセスを紹介しておきます

 

三ノ輪駅3番出口

下は 3番出口を出て正面を向いた時の景色

 

目の前の横断歩道を渡り左に曲がります

左に曲がり306号線・明治通り沿いを直進

分かれ道まで来たら道なりに右方向に更に直進

 

この分岐点は間違えないように気を付けてください

 

ずっと道なりに直進すると「日本堤一丁目」の信号がありますので、ここを右に曲がります

下の地図の上の方角から来ていますので

 

「日本堤一丁目」を右に曲がり2本細い通りを通り過ぎると赤い枠線のエリア、吉原のソープランド街に到着します

吉原のソープランド街の様子

やけに人通りも多いし、店舗関係の人も店舗内から見てるし、送迎の車も行き交っているので

 

もずく部長は びびって写真撮れなかったので写真はWEBから引用しました…(悔)

吉原ソープランドに関する用語

【吉原年齢】

吉原のソープランドには、吉原年齢と呼ばれるものがあります

 

これはソープランドでの年齢表記は、20才表記20~22才・21才表記23~25才・22才表記26~29才・23才表記30~34才と思ってください

 

これはソープランドの暗黙の了解となっています(もちろん全てのソープランドが当てはまるわけではありません)

 

 

【日の出割・早朝割】

吉原のソープランドには朝6時から営業している店舗もあり、出勤前に割安で遊べるサービスを行なっている店舗もあります

 

 

【マットプレイ】
ローションをお湯で溶いてヌルヌル感が出た所で、その暖かくなったローションをマットに掛け、お客様がそこに寝転がり、その後、体と体でローションを塗り合い体を密着させてヌルヌル感を楽しみながら全身をこすったり舐めたりするプレイ

 

マットプレイの技術の高い女の子とのプレイは本当に気持ちいいのですがマットプレイの技術の高い女の子は割と少ないので、マットプレイを楽しみたい方は、お店でマットプレイの上手い子を事前に聞いた方が良いと思います

 

 

【潜望鏡】
お風呂の浴槽に入った時にお互いが向かい合い、ソープランドの嬢が男の体の下へ足腰を入れ腰を浮かせて、チ◯コを水面に出しFをするプレイ

 

潜水艦の潜望鏡から由来はきている

 

その他のソープランドに関する用語

 

 

ソープランドに関する吉原言葉

 

 

もずく部長の吉原ソープランド

最初に言っておきます プレイはしてません!

 

 

高級店凄い良さそうだったけど もずく部長には高い〜…

 

 

あの料金でガンガン遊べるようになってみたいものだ

 

 

 

雨降る中 三ノ輪駅から1人とぼとぼ歩いて行って来ました

 

思っていたよりなんか活気がありました

 

お客さんもチラホラ出入りがあったし

 

これで晴れていたら もう少し人も多いのかもしれません

 

 

とりあえず俗に吉原と呼ばれるエリアまでは辿り着き 2周くらい周ってみるかと思い歩き始めたのですが

 

結構 店員の呼びかけが激しい

 

流石に近くまで来て 肩を組まれてみたいなのはないのですが 店舗に近い道を歩いていると「どおですか?」「今日はお決まりですか?」と結構積極的に声をかけられました

 

全体的に声掛けてくる人が厳ついので ちょっと威圧感がありました

 

 

歩いていて気になったのが ほとんどの店舗の入り口付近 壁や看板に「CHARGE 金額 時間」例:「CHARGE 25000円 120min」と書いてありました

 

まあこれが料金という事は分かりましたが

 

ソープランドの場合 総額表記の場合と 入浴料+サービス料となっている場合があるので 自分が払う最終的な金額が幾らになるのかが分かりませんでした

 

吉原では総額表記は20,000円以下までしか出来ないそうです

 

通りの中で一番 親切そうなおじさんに問うと「CHARGE 25000円 120min」となっていた場合

 

「CHARGEは俗に言う 入浴料

中に入ってから ソープ嬢にサービス料を支払う

時間は 店舗の1番お勧めの時間」みたいです

 

 

「単純に幾らくらいなの?」と聞いたら

 

「CHARGE料金の2.5〜3.5倍みといてー」と言ってましたけど

 

それ結構差額でかいしw

 

 

事前に料金は調べて行くか

 

事前に店舗に総額を聞いてから行くのが良いのかなと思いました

 

もう一つ別の方法は吉原のエリアの中に いくつか小さな喫茶店があるのですが その喫茶店が案内所の代わりになっているみたいなので 情報を得る事が出来ます

 

 

もずく部長が話しかけた 喫茶店のおじさんは蛭子さんみたいで 今回の吉原で出会った人の中では断トツに優しかったです

 

そこの喫茶店で有名なソープランドをいくつか教えてもらいました

 

 

近くに教えてもらった店舗が有ったので とりあえずパネル見学は無料な事を確認して店舗に入ってみました

 

確かに高級感ありますね

 

座ると直ぐに 強面のおじさんがパネル写真を4枚持って出てきました

 

おじさん「お客さん 今日は予算幾らくらいですか?」と

 

部長は少し盛って「10万くらいあるので あまり予算は決まってません」と

 

更にソープランド初心者とバレないように「僕 名古屋出身で たまに岐阜の金津園行くんですよねー」と被せてみたら

 

おじさん「あーそおなんですか!私も昔 金津園の〜で働いてましてね、〜グループの会長には良くしてもらいましたよー」と

 

そんな顔で ずっとソープランド業界で 会長に良くしてもらってるおじさんて  恐いおじさんじゃねえかw

 

 

これ以上話して押し売りされたら困るので パネル写真を持って来てくれた事に丁寧にお礼をして店を出ました(実際押し売りは無いでしょうけど 恐いものは恐い!w)

 

1軒目は浮き足立っていて料金聞く前に店出ちゃったし店舗名すら分かりませんので

 

もう1店舗行ってみなくてはなりません…

 

 

もお帰ろかなあとか思いながら少し歩いていると「迎賓館」(ここも喫茶店て教えてもらった高級店)が見えて来ました

 

 

店舗入り口にいる人 見た目恐いけど なんか大丈夫そお

 

気を取り直してもう一度入ってみました

 

 

それにしても高級店はどこもとてもきれいですね!

 

 

迎賓館でも待合室で待っていると 直ぐにおじさんが4枚パネル写真を持って来てくれました

 

みなさん可愛い!!

 

 

 

 

その中でも1番手前のパネル写真の子スーパー可愛いし

店舗内のパネル写真は目線無しでした

 

 

上戸彩みたいで めちゃ可愛かったです

 

 

 

料金は総額で65000円120min無制限発射

 

行っちゃおうかなーとか本気で思ったんですけど完全にもずく予算オーバーなので 泣く泣く我慢してお店を出ました

 

これで もお満足したので この後コンビニ寄って帰りました

 

今回 吉原に来て思った事は やはり他の業種の風俗と同じで

 

事前に調べて 事前に予約を入れてから来るのが無難なのかなと思いました

 

名古屋の箱ヘルの店員よりは確実に迫力があると思ったので あまり長く話したくない

 

 

またお金貯めて遊びに来てみたいですね!!

 

部長が調べた優良店
部長が調べた優良店

こんちわー もずく部長です 先日「吉原」のソープ街に社会見学に行ったら 頭の中がソープランドでいっぱいになりました そのうち行くはずなので 下調

 

 

2 comments to this article

  1. バッカス

    2017/3/23@9:26 AM - 返信

    部長!
    実地調査お疲れさまでした!
    オイラも愛知住み(知多半島の付け根辺りw)なので、以前先輩が競馬でボロ勝ちした時に、
    金津園の高級店、艶に連れて行ってもらったことあります。
    確か総額で一人90,000円位だったかと…
    嬢のレベル、サービスは確かに良かったですが、鶯谷を知ってしまった今は、
    そこまで払うなら、3回鶯谷に行きますねwww
    でも、風俗好きな人にしたら、「原」という言葉の響きは何か惹かれますよね

    • バッカス

      2017/3/23@9:27 AM - 返信

      「原」→「吉原」

コメントを残す