【風俗番外編★嬢報部の五反田ミステリーナイト・後半】部長のアソコが謎を解く!!ポンコシパンツはなぜ裏返っていた?!

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

 

 

 

こんばんは〜

 

 

 

 

さ!やってきました嬢報部の五反田ミステリーナイト後半です。

 

 

 

嬢報部の五反田ミステリーナイト前半はこちら!

 

 

 

 

ポンコシの携帯に入っていたミステリー部屋の写真の謎が今夜明らかに!!w

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、あの夜この部屋でポンコシに何が起きたのか?すっごい気になってたんではないでしょーか?!

 

 

 

そーでもねーよって?

 

 

 

へへ。

 

 

 

 

 

タイトルが前回
告知したモノと全然違いますが、そんな細かい事は気にしない気にしない〜ww

 

 

 

 

じゃ、おつづき行ってみましょー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/25(火)

 

 

 

 

 

 

裏返しPan-Tでなんとか1日の仕事を終え帰路につくポンコシ。

 

 

 

 

昨夜の謎の部屋の事が気になって頭から離れない。

 

 

 

 

 

 

でも、遊び過ぎたのか身体が悲鳴をあげている...

 

 

 

 

「ねむーい...ねむいよ〜〜」

 

 

 

 

 

 

今から迷探偵ポンコシごっこを始めても五反田の住人はまだ通りに出てきてもいないだろう。

 

 

 

帰って少し寝よう...

 

 

 

 

 

と言うわけで、家に帰るなりそっこーベッドに倒れ込みましたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方部長はと言うと、

 

 

 

 

 

昨夜の鶯谷韓デリ嬢対戦から颯爽と東京で仕事をしていた模様。

 

 

 

 

で、今夜も予約を入れているどスケベっぷり。

 

 

 

 

 

でも、部長の韓デリ対戦の前に五反田で夕飯を食べる事になっていたので、とりあえずLINEで連絡。

 

 

 

 

「とりあえず疲労困ぱいで死にそうだから一回寝るわ」

 

 

 

「五反田着く時間わかったら連絡くれ」

 

 

 

 

 

そうして眠りにつくポンコシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッ!

 

 

 

 

何時?!

 

 

 

 

 

あれ?もうこんな時間...

 

 

 

もう部長五反田来てないと谷に戻るの間に合わなくないか?

 

 

 

 

 

と言うわけで、部長にLINEを送る。

 

 

 

 

「よう。もう結構時間無いけどどんな感じ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり返事は来ません。

 

 

 

 

そうこうしてるうちに予約電話の時間が過ぎます。

 

 

 

 

 

「あら?予約飛ばす感じ?」

 

 

 

 

今度は返事が来ました。

 

 

 

 

 

「30分遅らせてもらった。」

 

 

 

「ミーティングが全然終わらんがや。気が狂いそうだぞ」

 

 

 

 

 

 

ところがどっこいw

 

 

 

もう現地を出発しないと完全にアウトな時間になってもまだ仕事中で気が狂ってるであろう部長w

 

 

 

 

 

「そっからだと今出ても、予約時間10分前に谷に着いて5分でホテル見つけて即電話だな」

 

 

 

 

 

で、数分後に、

 

 

 

 

「もう無理?間に合わない?」

 

 

 

 

 

「ギリギリだな」

 

 

 

 

 

「今電話出来ないからキャンセルしといて」

 

 

 

 

 

「店どこだっけ?」

 

 

 

 

 

 

と言うわけで、気が狂いながらも泣く泣くせっかくした予約をキャンセルせざる終えなくなった部長w

 

 

 

 

代わりにポンコシがお店に電話しました。

 

 

 

 

 

 

「すみません、◯時に予約してる◯◯の使いの者ですけどー...」

 

 

 

 

「申し訳ないんですが、◯◯が仕事でどうしても行けなくなっちゃいましてー...」

 

 

 

 

 

 

あ〜そうですか〜。大丈夫ですよー分かりましたから〜

 

 

 

また、よろしくお願いします〜

 

 

 

 

 

 

「はい、すみません。次は必ず行く様にさせますので。」

 

 

 

 

 

 

めっちゃ良い感じのママでしたw

 

 

 

 

 

 

「電話したよ。めっちゃ良い感じのママだったw」

 

 

 

 

 

「よいがん」w

 

 

 

「じゃ、今から五反田行くわ」

 

 

 

 

 

「ああ、着く頃に駅行くわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで場所を五反田に移して再び飲む事になる嬢報部...

 

 

 

 

この後、五反田で嬢報部に何が起こるか知る由もない東京&名古屋のエロ二人w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2, 30分後に駅前で再会する嬢報部、もずく部長とポンコシ。

 

 

 

 

「ポンコシウィー!」w

 

 

 

 

 

「最悪だがや、ぜんっぜん終わらんかったがや」

 

 

 

 

この後つらつらとグチる部長w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引っ越してきて4日目と言う事もあり店も分からないので適当に焼き鳥屋を選んで凸入w

 

 

 

 

 

 

 

で、乾杯してから謎の部屋の写真を分析する嬢報部w

 

 

 

 

 

部長的にはチャイエスだろう、と。

 

 

 

 

じゃーこの後聞き込みするか、とポンコシ。

 

 

 

 

 

 

と話がまとまったところで韓デリ話を再開w

 

 

 

 

どの店がどんな感じだとかどの嬢がどんな感じだとか。

 

 

 

 

 

カウンターに座って恥ずかしげも無く韓デリ動画を再生するアホ嬢報部w

 

 

 

 

 

 

 

2時間程度焼き鳥食べてビールを飲み続けました。

 

 

 

 

で、ほろ酔い気分で店を出て五反田の夜に凸入する嬢報部w

 

 

 

 

 

 

「よーし、エロいとこ歩いてみよーぜー」

 

 

 

 

 

と言う事で、2人でエロ地帯をずんずん歩いていきます。

 

 

 

 

この通りは怪しそうだなとか、基ありエステとかはあっち側が多いんじゃねとか。

 

 

 

 

イイ歳のおっさん2人がアホ丸出してますw

 

 

 

 

 

そして歩きながらキャッチの人々と戯れる嬢報部w

 

 

 

 

 

 

で、ある中国人のオネーちゃんキャッチと話してて、

 

 

 

 

「20代のワカクテカワイイ娘ホントイルヨ!!」

 

 

 

 

と決まり文句を言われ、嬢報部ニタニタしながらついていく事にww

 

 

 

 

 

 

 

お店に入るとカウンターがあり今度はオニーちゃんがパネルを並べてます。

 

 

 

 

8枚くらいあって、内2人が20代前半でカワイイと。

 

 

 

 

 

 

部長がう〜んと唸りますw

 

 

 

 

「顔見れる?」と一言w

 

 

 

 

 

「いや〜今は接客中だから15分くらい待たないと見レナイヨ〜」と一蹴w

 

 

 

 

 

じゃー出るかー、となり帰ろうとする嬢報部。

 

 

 

 

 

 

とそこで、何かを思い出すポンコシ!

 

 

 

 

 

「あ!!写真写真!!!」

 

 

 

「ちょっとお兄さん、この写真の部屋ってどこか知らない??」

 

 

 

 

 

 

写真をじっくり見るオニーちゃんとオネーちゃん。

 

 

 

 

 

「お店かホテルだと思うんだけど、どこだったか思い出せないのよw」とポンコシ。

 

 

 

 

 

「ドココレ、シッテル?」とオネーちゃん

 

 

 

 

「これ、ホテルジャナイ?」とオニーちゃん

 

 

 

 

「え、どこ?」

 

 

 

 

「ブルーシャトージャナイ?」

 

 

 

 

「ブルーシャトー?そここう言う古いTVあるの?」

 

 

 

 

「ダブンネ、向こうにあるスッゴイヤスイホテル、ブルーシャトー」

 

 

 

 

「そこの部屋ジャナイノコレ?」

 

 

 

 

「へーじゃ見てみよ。ありがとう!」

 

 

 

 

 

 

帰り際、オネーちゃんキャッチに事情を説明する。

 

 

 

 

「昨日お酒飲み過ぎてみーんな忘れてココに行ったんだけど覚えてなくてさー」

 

 

 

 

「オニーさん凄イネ変態ダヨソレ」

 

 

 

 

「変態じゃなくて、ただの変でしょそれw」

 

 

 

「でも、ホテル教えてもらったからこの部屋がどこか分かるかも!サンキュー!」

 

 

 

 

 

なんと、いきなり手がかり発見!!

 

 

 

 

「こりゃー迷じゃなくて名探偵ポンコシなんじゃないの〜!」とはしゃぐポンコシw

 

 

 

 

 

そんな事で調子に乗った嬢報部。

 

 

 

 

いや、ポンコシだけかw

 

 

 

 

 

 

とにかく、店を出て再び徘徊を始める嬢報部w

 

 

 

 

 

また、別のキャッチとお話ししますw

 

 

 

 

で、気分も良くなったのでちょろっと飲みいきますか〜、といつものパターンw

 

 

 

 

 

 

お店に入って五反田の女子と飲み始める嬢報部。

 

 

 

 

 

ところがどっこいwこのお店、何かがおかしいw

 

 

 

 

嬢報部の変態ノリにノリノリの変態娘達がいましたw

 

 

 

 

乾杯からなんて行儀の悪い人たちでしょうw

 

 

 

 

 

そして飲む事2時間...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか上着を脱がされるポンコツポンコシw

 

 

 

 

 

そして更に飲む事2時間w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣に女の子を口説きはじめる部長がいましたw

 

 

 

 

何ともまぁいちゃいちゃしてるどスケベもずく部長w

 

 

 

 

結局4時過ぎまでアホみたいに騒いだ嬢報部ご一行w

 

 

 

 

エロエロおねーちゃんにバイバイしてクタクタになって店を後にしますww

 

 

 

 

 

昨日あんなに疲れたのに今日もこんな事してたら死んでまうわ...

 

 

 

 

ポンコシは気絶寸前ですw

 

 

 

 

 

と、帰り道を歩いていたら。

 

 

 

 

 

 

アホたれがほざき始めますw

 

 

 

 

酔うと血迷うもずく部長。

 

 

 

 

 

「やっぱスッキリしたいな」と。

 

 

 

 

 

 

こんのアホたれ...

 

 

 

 

 

と言おうとした矢先に、既にオネーちゃんキャッチに捕まるエロ早さw

 

 

 

 

 

ぅおおい!

 

 

 

と、突っ込む暇もなかったですw

 

 

 

 

 

キャッチと話して顔を見てから決められると言われ即決で見に行くベロベロもずく部長w

 

 

 

 

しょうがないのでクタクタポンコシもついていきます。

 

 

 

 

 

 

何階か忘れたけど雑居ビルの階段を上り、

 

 

 

怪しげなスナックっぽい軒先の扉を開けると、

 

 

 

 

 

そこには薄暗いピンクの光に包まれた廊下が奥に延びています。

 

 

 

 

 

 

するとオネーちゃんが、

 

 

 

ちょっと女の子の様子見てくるから待ってて、と薄暗い廊下の奥に消えていきました。

 

 

 

 

 

 

 

で、廊下を挟んだ入り口の向かいを見ると待合室の様な空間が有りました。

 

 

 

 

 

 

ソファーがあって、

 

 

 

テレビがあって、

 

 

 

空気清浄機があって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

んん??

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか見覚えあるな...

 

 

 

 

しかもブラウン管TVじゃね??

 

 

 

 

 

 

「ぉああ!!!ぅおい!!!」と未明のチャイエスで叫んでしまったポンコシw

 

 

 

 

 

今度は声を殺して、

 

 

 

 

 

「おいココだよココ!ほら!!」と携帯を部長に見せます。

 

 

 

 

 

「あ、ホントだ」w

 

 

 

 

部長はスッキリしたい一心で既に五反田ミステリーナイトには興味ありませんww

 

 

 

 

 

 

「マジか!!ココにいたのかオレは昨日!!」とテンションプチ上がるポンコシw

 

 

 

 

 

 

 

自分の携帯に、自分で撮影したに違いないけど全く記憶にない部屋の写真が入っていて、しかもどこか分からない。

 

 

 

自分がそこにいた記憶もない。

 

 

 

何をしたかも覚えていない。

 

 

 

 

 

この状況って想像以上に自分に何が起こったのか気になりますww

 

 

 

 

 

 

 

そのもやもやが遂に晴れたのですw

 

 

 

 

「いやー良かったぁ」

 

 

 

 

「マジで写真の謎が解明してよかったー」

 

 

 

 

 

 

で、部長が一言。

 

 

 

 

「で、昨日ココに来たオマエはスッキリしたのか?」

 

 

 

 

 

 

「あ。たしかに...」w

 

 

 

 

 

たしかに、ここに来たのは分かった。

 

 

 

 

この待合室のソファーに座ってこの写真を撮った(おそらくブログに使うために)のは分かった。

 

 

 

 

 

 

でも、ポンコシは昨夜、スッキリしたのだろうか??

 

 

 

 

 

 

 

と次の疑問が頭を駆け巡り始めたと同時にオネーちゃんが戻ってきました。

 

 

 

 

 

「さ、女の子見れますよー」と部長を暗い廊下の奥に連れて行く。

 

 

 

 

 

 

とりあえずポンコシは、あのブラウン管TVをボーっと見つめる。

 

 

 

 

 

 

 

 

30秒くらいすると部長がニタニタ顔で戻ってきやがった...

 

 

 

 

薄暗い廊下の奥からニタ顔小走りで戻ってくるどスケベもずく部長w

 

 

 

 

 

「なんだ、入らないのか?」と部長に。

 

 

 

 

 

「だめだめ結構年キツいなww」

 

 

 

 

 

じゃーなんでニコニコしてんだよw

 

 

 

と思いつつも、ポンコシはもっと気になる事があったのでそっこーオネーちゃんに、

 

 

 

 

 

「ねぇねぇ、変な事聞くけど、昨日オレここに来なかった?」

 

 

 

 

 

あーおにーさん来たねー

 

 

 

 

 

 

「え?ホント?で、入った?」

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

「いや、覚えてないのよ」

 

 

 

我ながら明らかに不審者な質問w

 

 

 

 

覚えてないのー?すごいねーw

 

 

 

 

でも、おにーさんも顔見て帰ったよー

 

 

 

 

 

 

 

 

つ、ついに謎が解明した。

 

 

 

 

 

 

ぁあ、昨日は何も起こっていなかったんだ...

 

 

 

 

 

セーシは出ていなかったwww

 

 

 

 

 

 

 

「いやいや、オマエはババアでスッキリして帰ったって」と部長。

 

 

 

 

「だまれ、帰るぞ。謎が解けてスッキリしたしもう眠くてしょうがないわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、嬢報部の五反田ミステリーナイトは無事、

 

 

 

 

部長の気まぐれティンコのファインプレーで偶然入ったチャイエスで奇跡的解決となりましたw

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、昨日スッキリしてないならなんでポンコシPan-Tは裏返っていたかって?

 

 

 

 

 

 

おそらく、同じPan-Tでも裏返してキレイな方で過ごそうと思たんじゃないでしょーかw

 

 

 

 

はい、

 

 

 

酔っぱらいの考える事は全く分かりませんwww

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんちゃんw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回から再びポンコシ&XYZのエロタイ旅行記のつづきになりまーす!

 

 

 

 

タイギャル二人目、マッサージパーラーのセクシーおねーちゃん。の巻き!!

 

 

 

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

 

 

 

コメントを残す