シンガポールの風俗・ローウェルのおかま置屋 〜 多国籍のおかま(NH/LB)と格安で射精し合える超アングラ風俗

シンガポールのゲイラン地区の近くにある、おかまのみが在籍する置屋ストリート(ローウェル)での遊び方、値段、アクセス等を紹介します。

 

 

 

 

シンガポールの風俗・ローウェルのおかま置屋とは

 

ローウェルとは、シンガポールのゲイラン地区の近く(北西へ車で5分ほど)を南北に走るストリートの名前、正式名称はローウェルロード(Rowell Rd.)

 

ローウェルロード南端のロードサイン

 

南端からのローウェルの眺め

 

 

そして、このローウェルロードの東歩道側にポツポツとあるのが、おかま/ニューハーフ/レディボーイのみが在籍する、世にも奇妙な釜置屋。

 

 

おかまのみの置屋と言うのも珍しいですが、ローウェルの置屋はその存在感も異質といえるでしょう。

 

まずはそんなローウェルのおかま置屋のアングラな世界感を写真と動画で感じてみてくださいw

 

ローウェルの歩道

 

車道側は路駐車両がびっしり

 

この少し暗めの歩道を歩いていると明かりの漏れる格子ドアが現れます。

 

 

そこがローウェルのおかま置屋。

 

左手の鉄格子におかまw

 

実際に置屋の中はこんな感じ。

 

この置屋に関して言うと、格子の向こうが階段になっており、そこにおかま風俗嬢たちが待機しているタイプ。

 

なかなか壮観w

 

 

この様なおかまの置屋がこのローウェルロード(全長3~400m程度)には4軒存在します。(2017年9月)

 

それぞれの置屋によって特色があり、一番の違いは在籍している人種が違うこと。

以下、場所と人種的な違いをマップで載せておきます。

 

ローウェルのおかま置屋地図

 

 

まず、南端からひとつ目は、タイのレディボーチ置屋。

ここは、タイ国から来ているレディボーイがビキニ姿でお出迎えしてくれます。

 

ビキニレディボーイの置屋

 

 

タイのレディボーイだけあって、このローウェルでは一番日本人の好みが揃っている置屋じゃないでしょうか。

パッと見、ポンコシも遊べる子は2, 3人見つけられました。

 

たまたまシンガポールにいて可愛らしいタイのレディボーイと遊びたい方はちょうど良いかと思います。

 

 

次は、南から2つ目の多国籍おかま置屋。(1本目の動画はここ)

ポンコシ的には、一番オススメのおかま置屋でもあります。

 

別名、ローウェルの階段置屋w

 

ここは、イスラム系の国籍(サリー着用の釜)が多いようですが、中にはフィリピン人もいたります。

ポンコシが遊んだ子の中には、聞いたんですが国の名前がよく分からない国籍不明な子もいましたw

 

しかし、ここにはたまに、は?!と目を疑うような美女がいたりします。

 

詳細は旅行記でw

 

 

そして、3つ、4つ目は黒めのおかまがいる置屋。

 

ここは、シンガポール在住のGUFUさん(ローウェルの情報を頂いた方)によると、バングラディッシュのおかまみたいです。(下に追記しましたが、こちらも多国籍な様です)

なので、見た目は肌の色が黒めのインド系。

 

時間帯が遅くて1人のみ

 

上の撮影日とは別日で、2, 3名いる時に来たことがりますが、民俗がら顔は整っているので中には美人もいました。

多い時間帯に来ればよさそうなおかま嬢もいるんじゃないかと期待しています。

 

ポンコシがローウェルを訪れた時は、置屋が3つしかオープンしておらず、おそらくバングラディッシュ系のぽっちゃり釜置屋が開いてなかったと思われます。

が、この需要は一番優先度が低そうなので、そんなにダメージは無かったと思ってますw

 

 

追記:GUFUさんから3, 4番目の置屋に関して最新情報をいただきました。

これはすぐ行くしかないw

 

 

以上が、ポンコシ的シンガポールいちのアングラ風俗・ローウェルのおかま置屋の概要。

 

おかま/ニューハーフ好きなら1度は行って見ても損はないかと思いますw

ポンコシは再訪の予定ありなのでww

 

 

それじゃ、本格的に興味が出てきたところで値段や注意点のお話を。

 

 

シンガポールの風俗・ローウェルおかま置屋の値段

 

ローウェルのおかま置屋の料金ですが、ちょっと面倒な時があります。

まずは下の表を見てください。

 

ローウェルのおかま置屋の料金
嬢と交渉 30SGD(¥2,550)
やりてジジイと交渉 50SGD(¥4,250)

1SGDを¥85で計算

 

やりてジジイと言うのは、良くある置屋のやりてババアの男版なんですがw、こいつが置屋の鉄格子の前にいると、値段が50SGDになったります。

 

50SGDと言い張るウザいやりてジジイw

 

ただ、タイミングは良く分かりませんが、いない時は30SGDだったりと、かなりデタラメなイメージ。

 

あと、ローウェルあるあるが、インド人はやりてジジイ相手でも30なのに他の人種は50、と言うのがあります。

 

ポンコシも「インド人は30だろう、なんで俺は50なんだ」と言ってみましたが「嫌なら他を当たれ」と言われただけで、やりてクソジジイはちょー頑なでしたw

 

やりてジジイとのやり取り動画w

 

それと、嬢に聞いて30SGDで入ったにもかかわらず、AFしようとする時に、20SGDのチップとか言ってくるおかまもいたりするので、そこは「I know 30 is the rate around here.」(ここの相場は30SGD)と言って牽制してください。

 

 

あとは、嬢を選んで置屋に入る前には、必ず値段を確認するようにしましょう。

 

30 for sex, right?

(30でセックスでしょ?)

 

これだけで良いです。

 

 

シンガポールの風俗・ローウェルおかま置屋の遊び方

 

大阪の新地のちょんの間遊びや海外の置屋遊びの経験がある方には馴染みのある流れです。

 

 

1. 鉄格子越しに嬢を選んで値段を確認

 

2. 置屋に入ります

 

ゲートオープン

 

 

3. 嬢に連れられてやり部屋へ

 

基本は1畳程度のやりブース

 

 

4. 暗いやりブースに入ったら、嬢に30SGDか50SGDを渡します

 

5. 服を脱いでプレイ開始

 

6. おかま戦なので、しゃぶるも良ししゃぶられるも良しw

 

7. で、アナルファックでシャセー

 

7′. 逆アナルファックが好きな人は、頼めばやってくれるおかまもいますのでその辺りは適当にw

(自分から、お前をファックしたい、と言ってくるおかまもいますw)

 

8. 向こうをイカせてあげたい変態さんはイカせてあげてくださいw

 

 

9. 無事お互い発射したら、置いてあるティッシュで拭いて終了。

 

10. 置屋退出。

 

嬢と退出

 

 

と言う感じで、おかまとプレイなので発射回数が余分になる、と言うこと以外は他のシャワー無し置屋と変わらないかと思います。w

 

 

シンガポールの風俗・ローウェルおかま置屋で遊ぶ時のコツと注意点

 

ポンコシが遊びに行って気づいたこと書いておきます。

これであなたもローウェルで好みのおかまと心置きなくイッて来いプレイが出来ることでしょうw

 

 

・行く時間がとっても大事

ローウェルのおかま置屋は19時あたりにオープン。

ポンコシが行った20:30は、どの置屋もおかもの数はマックス状態で選びたい放題。

逆に23時を過ぎるとおかまの数は3, 4人と少なくなります。

店終いは24~25時の間のようですが、この時間はほぼ選択肢が無いと思っておきましょう。

 

・値段は入る前に確認すること

上でも書きましたが、部屋でいきなりチップと言ってくるおかまもいますので、まずは確認。

30 for sex, right?(30でセックスだよね?)

 

・やり部屋(ブース)の衛生環境が良くないのは覚悟しておくこと

ローウェル置屋のやり部屋は全くもって綺麗とは言えません。

合皮のベッドで、終わった後は適当にティッシュで拭くだけなので、洗ったりもしてないと思いますw

もちろん、シャワーもトイレもありません。

 

・コンドームは2個持っとくこと

おかま相手ですから、自分用のコンドームとおかまのちんこに付けるコンドーム2個、これは大事です。

相手も最低1つは持ってますが、もし1個しか無かったら、生フェラすることになります。

みなさんご存知の様に諸々自己責任ですが、それが原因でしゃぶれない人は釜遊びの満足度が50%になってしまいます。

しゃぶって楽しい釜遊び。ですからw

 

・おかま置屋ですから、しゃぶるのは問題無し

Let me suck your dick」(しゃぶらせて)と流れるように言いましょう。

断るおかまはいないと思うので、堂々と言ってあげてください。

ちなみにポンコシは、まず服を脱ぐ前に即向こうのちんこをしゃぶりますww

 

・おかま置屋ですから、入れられるのも問題無し

Fuck my anal」(ケツにぶち込んでくれ)と流れるように言いましょう。

向こうが勃ってさえいれば大抵入れてくれると思うので、堂々と言ってください。

ちなみにポンコシは、まだ「Fuck my anal」言ったことありませんww

 

・ウェットティッシュを持っていくこと

向こうをイカせるとなると、あなたの手は最終的にセーシまみれになる可能性があります。

基本は置屋のやりブースにはトイレットペーパーしかないので、手がおかまのセーシでカピカピになりますw

 

この子はウェットティッシュくれたw

 

 

シンガポールの風俗・ローウェルおかま置屋への行き方

 

おかま置屋のあるローウェルロードへは、MRT(地下鉄)のJalan Besar駅から徒歩で5分もかからずにたどり着けます。

 


Aljunied駅と置屋街の地理

 

 

MRTでJalan Besar駅へ行く方法は以下のアプリで自分の最寄駅から検索するとすぐわかるかと思います。

 

 

iOS用アプリ

 

 

アンドロイド用

 

 

 

もしくは、Jalan Besar駅が電車のラインが違って行きづらい人は、ゲイラン付近のAljunied駅かLavendar駅からタクシーに乗れば良いかと思います。

 

どちらにしても料金は¥400円もかからないと思うもので。

 

 

一応、GoogleマップのJalan Besar駅からの徒歩ルートも載せておきますので参考にどうぞ。

 

 

 

 

と言う感じが、シンガポールの政府非公認の、鉄格子で閉ざされたローウェルのおかま置屋の遊び方でした。w

 

 

最後に、おかま繋がりでシンガポールで他のおかまと遊ぶ方法は?について。

 

 

シンガポールで置屋以外でおかまと遊ぶには?

 

ローウェルのおかま置屋は置屋なので、3~40分程度でサクッとヌキ合っておしまいですね。

「それじゃー物足りない、もっとおかまと過ごしたい!」って方は、まずはオーチャードタワーに行ってみましょう。

 

シンガポールのオーチャードタワーの売春クラブ&バーでのおかまとの遊び方は、こちらの旅行記の体験談を参考にしてみてください。

 

2016年8月・爆笑多国籍買春三昧 in シンガポール
2016年8月・爆笑多国籍買春三昧 in シンガポール

ポンコシが主にオーチャードタワーとゲイランで遊んだ旅行記。おかまとの絡みはオーチャードタワーの記事に書いてあります

 

値段はローウェルと比べると5倍以上違う(150SGD等)可能性がありますが、中には長時間付き合ってくれるおかまもいるので、タイではなくシンガポールでしかおかまと遊ぶチャンスのない人には良いかもしれません。

 

 

また、シンガポールではエスコート(デリヘル)がぼちぼち盛んです。

エスコートエージェントの中には竿ありのおかまを派遣しているところもあるので、ここで調達するのは、自分のホテルの部屋で清潔にゆっくりとイッて来いプレイするにはアリな選択肢かと思います。

 

 

他には、オンラインでおかま娼婦(素人でも構いませんw)と会うのも良いでしょう。

Skout, Tinderあたりでは、シンガポールで出会いを探すと、シンガポールへ出稼ぎに来ているおかまがぼちぼち出てきます。(国籍はタイ、カンボジア、ラオス、イスラム系あたりが多い様)

この辺と個人交渉してホテルに呼ぶのも手っ取り早くて良いかと思います。

 

 

ポンコシの次回のシンガポール遠征では、ローウェルだけでなく、オンラインでおかまと会うのも試みてみようと思います。

 

その際は、また報告記事を書く予定なのでお楽しみに。

 

 

 

 

ポンコシがローウェルのおかま置屋を体験してきた様子を風俗旅行記としてブログに書いているので良かったら見てみてください 😀

 

2017年8月・リア充でさーせん in タイ&シンガポールw
2017年8月・リア充でさーせん in タイ&シンガポールw

前半はタイのレディボーイとのプーケット旅行を書いていますが、後半はシンガポールへ飛びゲイランのたちんぼ釜やローウェルのおかま置屋体験等を綴っています

 

 

 

また、こちらはシンガポールの代表的な風俗遊びであるゲイランの遊び方記事です。

 

シンガポールの風俗・ゲイラン置屋街 〜 多国籍と安く安全に遊ぶと言ったらココ

 

 

 

 

P.S. ブログでは他にもアジア諸国の風俗旅行体験記も掲載しています。

 

 

コメントを残す