誰もが知ってるあの伝説の風俗ブロガーと会ってみたら・・・+【ポンコツ風俗論】キャンセルのススメ。賢く遊ぶために客の権利を有効活用しよう

サンデーアフタヌーンにこんにちは。

 

 

今日は書きたいことがたくさんあるんですが、まずは嬢報部の風俗情報告知から。

 

 

 

先日部長が、珍しく新宿の韓デリに突撃してきました。

 

ガチ若ロリ系との情報が友達から入ったらしく、上京した途端にこっそり遊びに行くと言う変態ロリ野郎っぷり。

 

【ハニークラブ ユジン】久しぶりの韓デリは 新宿でルームサロンレベルのガチ若嬢に惚れてしまいそうだった【韓デリ口コミ】
【ハニークラブ ユジン】久しぶりの韓デリは 新宿でルームサロンレベルのガチ若嬢に惚れてしまいそうだった【韓デリ口コミ】

ハニークラブ ユジン ルックス:上上 スタイル:上 プレイ:上上 *嬢の評価基準 レポーター:もずく部長 対戦時期:7月上旬

 

マジのガチ若大学生、しかもソウルのルームサロンでバイトしてる子みたいで、かなり良かったみたいです。

 

 

レポには書いてないっぽいですが、「ホテルに電マついてて初めて使ったらびちゃびちゃなって超楽しかったがや」とキモい事言ってました。w

 

大学生の万個に電マを当ててびしょびしょにして喜ぶ。

 

 

まあ、わからないでもないですね。

 

ポンコシなら、NHのちんこに電マを当ててシャセーしてもらう、にマイナーチェンジすると思いますが。w

 

 

 

お次はポンコシの鶯谷韓デリレポート。

 

【カシア ユニ】DKしまくりイキまくりいちゃいちゃしまくり超敏感アガシの恋人対応が最高だった【韓デリ口コミ】
【カシア ユニ】DKしまくりイキまくりいちゃいちゃしまくり超敏感アガシの恋人対応が最高だった【韓デリ口コミ】

カシア ユニ ルックス:上 スタイル:上上 プレイ:極上 *嬢の評価基準 レポーター:ポンコシ 対戦時期:7月1週目 オススメ

 

みんな大好きな ”DKしまくりイキまくりいちゃいちゃしまくり” なお嬢ちゃん。

 

 

2018年、早くも密着度オブザイヤーの予感がしてます。(密着度ってのは、DK含め肌の接触の多さを示してますw)

 

中盤でガチ若ではありませんが、とにかく楽しかったw(まあポンコシはもともと中盤〜後半が好みなんですが)

 

 

4年半前韓デリを始めた頃は部長と2人で「サービスなんかどうでも良いよな、とにかく可愛い子と遊べりゃいいわ」なんて言ってたんですが

 

2017年頃からは、場が楽しめる子や相性が良い子との方が終わった後の爽快感と満足度が違うなって徐々に気づくようになりました。

 

 

”風俗はその時を楽しむための遊び”なんだ、としっかり理解できるようになったからかな、と思います。

 

 

彼女や嫁を探してるわけじゃないので、その瞬間を楽しめるのが一番なんです。

 

気持ち良くヌケれば良い

 

もちろん、自分のドンピシャストライク好みの子だったら最高ですが、そうでなくてもしっかり楽しめる子って沢山いるんだなってのがよくよく分かるようにもなりました。

 

早計にならずに相性やプレイの中に満足度を見いだせるケースが増え

風俗遊びが前よりももっと楽しく感じますし

より気楽に風俗を遊べる様になった気がします。

 

4年前は風俗行く時って完全に”真剣勝負”じみていたので。w

 

 

一回の風俗遊びにそんなに気合い入れすぎると、色々空回っちゃってそれが結果満足度低下に繋がる、とも思います。

 

風俗嬢だって、”遊び”に来たお客さんがあまりにも鼻息荒い真剣勝負で向かってこられたら、いやいや遊びなんだから、ってなるんじゃないかな、と。w

 

 

力み過ぎるのも期待しすぎるのも程々に

 

だって風俗”遊び”なんだもの。

 

by こしお

 

 

 

 

 

 

 

さておきw

 

 

本日の本題ひとつめは

 

「誰もが知ってるあの伝説の風俗ブロガーと会ってみたら・・・」

 

 

 

先日、ポンコシが勝手に「伝説の風俗ブロガー」と呼称しているお方とオフ会してきました。w

 

 

 

その方とは

 

 

 

この人👇。

 

 

 

 

 

 

風俗好きの人ならこの胡散臭いタラちゃんの絵だけでわかる人たくさんいると思いますがw

 

 

「がっぷりよつ」

 

の名前の風俗ブログで知られる、日本屈指の風俗ブロガー/ライター

 

 

「がっぷりよつ」のよつ夫さんです。

 

いちいちイラつくw

 

職業は女体プロファイラー、肩書きはアンダーヘアーソムリエ、ソフトタッチャー、プロ妄想、ニューハーフ愛好家等多数あり。多重性癖ゆえ風俗体験レポート界のビリー・〇リガンとの噂も。風俗を愛し愛され(?)20余年。見捨てた精子は数知れず。風俗体験レポートブログ『がっぷりよつ』ライター(http://fuzoku-gachi-report.doorblog.jp/)

www

 

 

よつ夫さんの存在は嬢報部を始めた時、約5年前に知ることになり

 

同じライブドアブログで風俗ブログを書いていたので、当時からランキング2~3位にいたよつ夫さんのブログはよく見てました。

 

 

当時は他ブログの人と交流するって事はしてなかったので、特に交わる事もなく。

 

しかし、事態が変わり始めたのはポンコシがタイで遊び始めるようになってから。w

 

 

 

ポンコシがタイに(と言うかLBにw)ハマり、LB記事を量産するようになってから

「がっぷりよつ」でニューハーフのレポートが出てるのに気づきました。

 

 

 

「え、この人ニューハーフと遊ぶの?」的な驚き。w

 

 

 

で、よつ夫さんの人物像を調べてみたら

 

見事に「ニューハーフ愛好家」だったと。ww

 

しかも、遡る事 ◯十年ものニューハーフ歴。w

 

 

こんなところに性紀の巨匠がいたなんて、知らんかった〜( ´∀`)

 

 

 

ただ、ポンコシはフィールドが同じ人(風俗ブロガー)と会うのはあまり得意じゃないので、話を聞いてみたかったものの、モーションは起こしませんでした。

 

 

そしたら1年2年と時が経過。

 

 

ポンコシがこっそりとよつ夫さんのニューハーフレポートを見ていた時

 

偶然共通の知り合いがいる事が発覚。

 

 

 

その方を通じて

 

「伝説のニューハーフ愛好家」としてのよつ夫さんとのちんこオフ会が実現したってわけです。w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所はもちろん?

 

 

東京の風俗好きニューハーフ好きの性地・鶯谷

 

 

雨の鶯谷

 

 

のソイギンタでカンパーイ。w

 

 

 

 

はい、共通の知人とは、Bさん。

 

 

2016年の秋にXYZとかと一緒にパタヤに行ったMr.Bさんでした。(ぶ=部長ねw)

 

 

Mr.Bは、素性は明かせませんが日本の風俗に詳しい人で、近々また旅行記あたりに登場することになりそうな予感です。w

 

 

 

で、オフ会は夜の9時にソイギンタ集合で始めたんですが

 

まずは飯を食いながらよつ夫さん自身の歴史をw

 

 

ポンコシオキニの鳥照りサラダw

 

 

20年以上風俗に関わっているだけに、超絶濃い〜風俗&変態話が炸裂。

 

 

全ての話が濃すぎて何が書けて何が書けないのか全く分からないので何も書きませんがw

 

こんなに強烈な話を沢山持ってる人は会った事ありません。w

 

 

みんなで飯食ってるのにスカトロとかウンコの話もしました。www

 

 

ポンコシオキニ2・栃尾の油揚げ

 

 

でも、一番印象的だったのは

 

 

話の100%がエロ〜異常性癖〜青年期の変態行為の話なんですが

 

よつ夫さんが話しているとなぜか下品に聞こえないんです。

 

 

「こんだけ強烈な変態話をなんて爽やかに話すんだろう」

 

 

いや〜、やっぱり伝説になるだけの人だ、と思いました。ww

 

 

ふぐ皮ポン酢&タコぶつ

 

 

とにかくネタが豊富すぎでして

 

あと、よつ夫さんはパイパンらしいです。ww

 

 

 

で、後半はもちろん

 

ニューハーフ談義。w

 

 

身体に良い蒸し鶏のなんかw

 

 

よつ夫さんのニューハーフ遍歴やきっかけから、LGBT系のもっと強烈で大爆笑な話もあったけど書いて良いのかわからないので、やっぱり書きませんw

 

 

 

そしてポンコシ的には

 

ここまでおかまトークで共感できる人は初めてだったってのもありました。

 

 

なんて表現すれば良いのかわかりませんが、人類に対する理解度がハンパないとでも言いましょうか。w

 

とにかく、普通は誤解しがちなニューハーフに対する認識とか、よつ夫さんは当然の事で

 

 

「ああ

 

ついに同じ言語を話せる人に出会えた

 

釜神様ありがとう🙏」

 

 

くらい感動できました。w

 

大げさに聞こえますが、マジで感動しました。

 

 

 

その後はとにかくニューハーフ話で盛り上がり

 

 

NH写真を探す伝説w

 

 

深夜2時以降はほぼちんこ話。w

 

 

Mr.Bと部長には過酷な後半戦でしたがw

 

結局朝の6時頃に、そろそろ、とちんこ話半ばでお会計。

 

 

興奮して眠くない朝6時w

 

 

 

ポンコシは、必死でニューハーフと遊んでる駆け出しのまだまだ荒いニューハーフ愛好家って感じなんですが

 

よつ夫さんは、完全にどっしりとしたニューハーフ愛好家って感じなんですよね。

 

長い間じっくりそれと向き合ってるって感じで、静かなんだけども強大なニューハーフ愛。w

 

 

ポンコシが槍だとすると、よつ夫さんは元気玉、みたいなw

 

全くわけのわからない例えですが。w

 

 

とにかく、今回の出会いはポンコシにとってなんか偉大な出来事でした。w

 

 

 

 

Mr.Bさん、セッティングありがとうございました。m(_ _)m

 

 

 

そして、よつ夫さん

 

今後、ポンコシがニューハーフの事で迷ったりつまづいたら話聞いてください。w

 

 

9時間もお付き合いいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

 

風俗ブログ・がっぷりよつ👆

 

 

 

 

 

 

さて、話題が1個終わったんですが

 

本日は、風俗つながりでもうひとつ本題を書かせてください。w

 

 

 

ちょー久々の【ポンコツ風俗論】

 

 

 

個人的には大好きなネタなんですが、他のコンテンツで書くことが多過ぎてなかなか記事が書けてません。w

 

 

でも先日、韓デリで遊んでたら珍しくポンコシ激おこモーメントがありましてw

 

マジで気分悪くなりました。

 

で、鶯谷にてこう言う悲劇を再発させないためにも、回避方法はみんなが知っておくべきだと思い立ったわけなんですが。

 

 

これまでのポンコツ風俗論て

 

「良いサービスを受けたいならお客側がちゃんとしてこうよ」

 

って感じのどちらかと言うと、風俗客更生論的な感じだったんですよね。(偉そうでスミマセンw)

 

 

2年前とかちょー懐かしww

 

 

 

 

ですが、今日のポンコツ風俗論は

 

「我々お客側が正しい権利行使をして、客を舐めてる店と嬢を成敗する」ために書きたくなりました。ww

 

 

と言うわけで、今回のお題はこちら👇

 

「キャンセルのススメ。賢く遊ぶために客の権利を有効活用しよう」

 

 

 

先日、ポンコシが韓デリに入った時の話なんですが

(以下、%表記はポンコシ個人の意見です)

 

 

 

嬢が到着。

 

ドアオープンしたら

 

笑顔ひとつ無い嬢が登場。(ルックスは30代で化粧はしてない)

 

 

キャンセルタイミング1

 

・ドアオープン笑顔のない嬢の地雷率は30%

・後半〜大台で化粧をしてない嬢の地雷率は70%

(日本で働く風俗嬢にとって化粧は仕事用の正装でしょ?と言うわけで仕事をナメてる、ゆえにサービスもナメてるだろうって考察w)

 

 

ここでキャンセルしようか迷ったものの、ドアオープンは緊張気味で愛想のないパターンてのはあるあるなのでとりあえず入れてみました。(3年前なら容姿と愛想を確認して確実にドア前で「キャンセルで」って言ってたw)

 

 

で、笑顔を引き出せるのか、ソファーに座って会話を試みると

 

どうやら在住みたいで日本語が上手、なのに会話の意思がなく全くキャッチボールが進まず

 

入室3分ほどでシャワーの準備を勝手に始めだした嬢。

 

 

キャンセルタイミング2

 

・入室後、会話開始1分以内にシャワーと言い出す嬢の地雷率は60%

・座ってからも会話したがらない嬢の地雷率は90%以上

 

で、これまでの4つが合わさった時の地雷率は100%w

 

 

まーじでここでキャンセルするべきだったポンコシ。

しかし、勝手に風呂場に行ってシャワーをはじめたので結局ついて行ってシャワーすることに。

 

 

シャワーは完全無言で洗体。

 

3分程度であっさり終了。

 

嬢もシャワーを終えてベッドで合流。

 

もっと暗くして欲しいと言うのでメインライトは全部消して部屋の端にある一番小さいライトのみしてみる事に。

(ちなみに、ポンコシは女の裸が好きでないのでいつも脱衣時点で自らライトダウンする)

 

すると、勝手に完全消灯する嬢。w

 

「いや、それじゃ流石に何も見えないよw

どこに何があるのかもわからないしプレイ出来ないでしょw」

 

とポンコシが再度端の小さいライトを点けると今度は、ライトパネルを操作してなんとか満足のいく暗さにならないか試す嬢。

 

めんどくさw

 

 

すると今度は、ヘッドボードのライトパネルのライトのみで、と言い出す。w

 

めんどいからさっさと終わらせよ、と思ったら

 

部屋の端っこの小さいライトがまだついてるので「消してきて」と言い出す嬢。

 

 

プチ

 

 

何かキレました。w

 

「部屋暗くしたいなら自分で消してくれば」

 

と伝えると

 

は?的表情を浮かべ不貞腐れた態度で歩きながらライトを消しに行く嬢。

 

 

ブチブチ

 

 

また色々キレました。w

 

 

「あのさー

 

帰ってイイよ

 

今すぐ帰ってイイよ」

 

 

は?みたいな顔で睨み出す嬢。w

 

めんどいのでそっこーで店に電話。

 

 

「このお嬢さん態度悪すぎるから帰らせますよ

 

キャンセルね」

 

 

店は当然「え?どこまでやったんですか?」と聞いてくるので、

 

「こんな態度悪い女何もしてないよ」と3分ほど話して状況を説明してキャンセル。

 

 

実は他の嬢を2日後に予約してたので、「次の予約が超心配なんですけど、こんな態度悪い子来ないですよね?」と聞いたら

 

「次回はちゃんとサービスしっかりしてる子なので安心してください」と、調子よく言われました。

 

 

店と話している間に嬢は服を着てドタドタと帰って行きました。

 

もちろん金は取らずに。

 

 

 

 

どんな地雷でもこれまで嬢を追い返したことは1度も無かったし

 

ここまで態度の悪い嬢が来たのも初。

 

まあまあ知名度もあった店だけにマジでがっかりしました。

 

その数日後に呼んだ嬢も結局サービス微妙だったので、他にも呼んでみたい子がいたんですがもう2度と使う事はないでしょう。

 

久々に痛い目みましたw

 

 

ただ、唯一の救いは金を払わなくて済んだ事。

 

つまり、キャンセル可能だったって事。

 

シャワーを浴びた後なので、幾らか払わなきゃいけないかな、とは思ったんですがそうでもなかったわけですし。

 

これで2万とか払ってたらヤバいです。

 

2万払って無愛想な女にササッと身体洗ってもらっておしまい。

 

別に若くも見たくもない裸も見て。w

 

 

 

この実際に起こった激おこストーリーから、みなさんにもわかっていただけると思いますが

 

キャンセルするってめっちゃ大事なんですよ。

 

 

ただ、よく聞くのは

 

 

「断るのは気がひけます」

 

「嬢を前にするとキャンセルって言う勇気が・・・」

 

「よし!ここはプレイに期待してみよう!」

 

「ベッドに入ったら良くなるはず・・」

 

等の声。

 

 

まあ、ポンコシも最近はドア前キャンセルはかなりしなくなったので、わからない意見ではないんですが。

 

まず言いたいのは

 

 

キャンセルってのは我々お客に与えられたまっとうな権利

 

って事。

 

 

一番残念なのは、

 

キャンセル出来ないで悪い予感を抱えながらズブズブと地雷嬢と遊んでしまいトラウマを背負ってしまう事。

 

そしてそのトラウマは呪いとなり、その客は嬢や韓デリに対する悪口を撒き散らすネガレポ妖怪となります。w

 

 

そう言う妖怪にならないためにも、キャンセルはするべき。

 

ってポンコシは思うんです。

 

自分のためにも、相手のためにも。

 

 

お金を払わないで済んだら、韓デリはやっぱり難しいなあ、程度で済ませられると思いますし

 

これは危険だなって思ったところでキャンセルすれば、何が悪いかそのうち相手も気づくはず。

 

キャンセルしないで地雷嬢と遊んでしまうと向こうも、「手抜き仕事で楽勝」と調子付くんで。w

 

 

 

じゃ、具体的にキャンセルするタイミングについてなんですが、

 

 

まずは

 

 

・ドア前キャンセル

 

ドアをオープンして、嬢が玄関の敷居を超えてくる前に「キャンセルで」と行ってそっとドアを閉める。

 

これは一番楽なキャンセルなんで、ルックス重視のお客が多用しがちなキャンセル技。

かく言うポンコシも韓デリ遊び初期の頃は連発していましたw

 

ただ、この技は多用しすぎると出禁になります。w

お店はキャンセルした人間の電話番号ってのは記録してますから。

かく言うポンコシも同じ店で2回連続でキャンセルしたら3回目に予約入れようとした時に、「◯◯さん、今回キャンセルするならもう来ないでください」って言われましたw

 

あとは、好みじゃないとかギリギリキャンセルかな〜ってルックスの子でも、いざ遊んでみたらめっちゃ楽しめたって韓デリあるあるの良嬢を逃してるパターンが多々あります。

 

ドア前キャンセルは、ルックス命って人は使って良いと思いますが(権利ですから)、乱用は自己責任でやりましょう。

 

 

 

・会話中キャンセル

 

入室させて並んで座ったら会話が始まりますが、その時に不穏を感じたら勇気を出して「ソーリー、キャンセルプリーズ」と申し訳なさそうに言う。w

 

ポンコシ的にはこの技が賢く無駄なく遊ぶために一番みんなが使うべきキャンセル技だと思ってます。

 

そして、よく勘違いされてるのが、”部屋に入れちゃったらキャンセル出来ない” ってこと。

 

問題なく出来ます。w

 

あとは、同時に一番使いづらいとも思われてる。

密室で2人きりになった時、面と向かって「帰ってください」って言ってるわけですから。

ここに関しては、”勇気を出して言う” ってくらいしかアドバイスできません。w

 

話してわかる事ってドア前で顔をチラッと見ただけでわかる事より遥かに多いですから。

特に、性格地雷やサービス地雷嬢は3分でも話せばまずわかると思います。

 

・全く笑顔の無い嬢

・会話する気の無い嬢

・やたら座った時の距離がある嬢

・即シャワー嬢

・緊張してる風なく座った途端に「オッパコースは?」って言ってくる嬢

 

 

ポンコシは、座って話しててこの辺りが良く当てはまる嬢だと感じたら

 

「ごめん。やっぱりキャンセルで。ミヤネヨ〜🙏」

 

と勇気を出して謝ります。

 

たまに「入ってからキャンセルは失礼だよ」って言われることありますがw

でも、2, 3万円払って不完全燃焼とか激おこプンプン丸コースよりは良いです。w

 

 

もしお金を渡した後に地雷臭に気づいたとしても大丈夫。

嬢はテーブルに置いたお金は持ってきませんので。

 

もしそんな事があったら即店に電話してください。

 

あとは、入室後にキャンセルを伝えて嬢がなかなか帰らないって事態が発生したらこれも店に即電話。

 

韓デリ店て、たまに態度の悪い日本人店の店員みたいな対応する店はほぼ無いです。(少なくともこの4年間遊び倒してきて変な店員がいた店ってのは(既に潰れた)1店舗だけw)

揉め事が起きても店側は真摯に対応してくれるので(老舗とかは特に)、さっさと店に電話してください。

 

 

とは言っても、見抜けない時も当然あります。

ニコニコ愛想の良い嬢でもプレイだけはDKNGのあっさり仕事感とかもあります。(この辺は会話中の距離感やスキンシップでわかりそうですが)

 

まあ、100%地雷嬢を見分けるってことは不可能ですが、基本地雷嬢は目に見える形が多いと思うので、その時は ”会話中キャンセル” ってのがかなり有効だと思います。

 

この一瞬の勇気が、あなたの2~3万を救い、地雷嬢成敗にも繋がります。w

 

 

 

あとは、ポンコシも今回が初でしたが

 

 

・ベッドに入る前キャンセル

 

これは基本やらない様にしましょう。w

 

流石にシャワーまで終わってたら嬢も怒るでしょうし、店からもブラックリスト客認定されると思います。

よっぽど酷いサービスとか態度の場合で我慢にならなかった場合のみで。

 

それでもやむを得なくする場合は、すぐ店に電話して事情を伝えてください。

 

まあ上手く行けば儲けもんですかね。

この時点でキャンセルしようと思うってのは、既に地雷ってわかってても後に引けない状態まで来てたと思うので、このままプレイしても対応の悪さに萎えたり中折れや未発で終わるでしょうし。w

 

やっぱり、基本はここまで来る前に地雷と感づいて服を脱ぐ前にキャンセルを伝える、これが一番ですね。

 

 

 

 

はい。

 

てな感じで、キャンセルって我々の権利を有効活用して上手くお金を無駄にする事なく風俗遊びをしましょうって話でした。

 

 

思うところが多々あってやたら長い文章になってしまいましたが

 

結構キャンセルする人って少ないみたいなので、これを機にキャンセルを活用して不満体験の少ない風俗ライフを送っていただきたいと思います。m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

10 comments to this article

  1. にゃも

    2018/7/8@11:17 PM - 返信

    こしお
    ってw

    よつ夫さんの記事は
    ポンさんのブログより前に
    知ってて読んでました
    文章が本当に面白いですね
    前は全て読んでましたが
    仕事が忙しくなって
    読めてない記事がかなり
    たまってしまってからは
    ニューハーフの記事を
    優先に読んでますw

    鶯谷で遊んだのは全部
    ポンさんの後追いだったので
    最高でしたが
    地元で利用した韓デリは
    全て我慢でしたw
    もう二度と会うこともないし
    無理だと思ったら
    きっぱりキャンセルって
    言わないとダメですね

    • ポンコシ

      2018/7/8@11:29 PM - 返信

      風俗好きの人はよつ夫さんのブログは読んだことある人がほとんどだと思います。
      内容、秀逸ですよね。
      そうは言っても自分も最近は忙しくてニューハーフ記事しか読めてませんがw

      東京以外の韓デリはかなりキツいみたいですね〜。
      ぶっちゃけ、利用する価値は?って思わざるを得ませんw
      キャンセルできる風俗なら、やっぱり上手く権利を使って節約&不満対戦を減らすのが風俗遊びを謳歌するコツなのかな〜と思ってます。

  2. フレコン

    2018/7/9@6:25 AM - 返信

    ポンコシさん

    なかなか、キャンセルは言えないですね(笑)

    僕の一番は、身体中に痣というか瘡蓋みたいな痕が

    たくさんある、和デリ(by沖縄)ですかね(汗)

    真理は、分かりませんが、自分の中の警報が

    けたたましく鳴り、プレイせず談笑して終了に

    キャンセルという選択肢は思い付きませんでしたww

    お店やお嬢を育てるのは、客ですもんね(汗)

    勇気を出せるように頑張ります。

    • ポンコシ

      2018/7/9@7:42 AM - 返信

      やっぱりキャンセル伝えるのってなかなか敷居高いみたいですね〜。
      鶯谷韓デリではぜひ勇気を持って臨んでいただきたい。w

      その嬢は無理ですね。怖い…^ ^;;
      ちなみに、日本店はキャンセル料取られる所も多々あるので、和デリの場合はちょっと事情が違うかも知れませんね。
      なので、自分も日本店の場合はキャンセルしない気がします。
      そもそも出来るのかも謎ですし。w

  3. たつ

    2018/7/9@6:28 AM - 返信

    ポンコシさんおはようございます!
    今回の記事に共感です笑
    お店の電話番にムカつきました。
    予約しようと電話して嬢の情報聞こうとしたらホームページ見てから電話しろと!
    2度と使いません!

    • ポンコシ

      2018/7/9@7:35 AM - 返信

      たつさん、おはようございます^ ^
      その電話番はヤバいです!w
      その対応はマジでナイ。
      そう言う店って振替されそうって思っちゃいます。
      てか、やってますね!w
      自分も以前、ヤク中みたいないい加減なおっさんの電話番に振替られましたしww

  4. マルクスエンゲルス

    2018/7/9@9:49 PM - 返信

    よつ夫さんのブログ、知りませんでした。
    まだまだ修行が足りないってことかも。
    でも、文字の色彩がすごすぎて、眼がチカチカし、
    50のおっさんが読むのはキツイわ。
    若い皆さんは平気なのかな?

    そうそう、日焼けサロンに行ってても、
    決してボディービルダーではありません。
    それどころか、170センチの50キロなので、がりがりです。

    • ポンコシ

      2018/7/10@10:54 AM - 返信

      いや、マルクスさんはすでに足りてると思いますw

      自分はまだチカチカしてませんね。
      て事は、むしろ自分が修行が足りないのかもしれません。w
      ちなみに、モニターの光量を下げるとチカチカしないですよ。

      めっちゃ細いじゃないですか。w
      日焼けの謎がさらに深まります。w

  5. トイ

    2018/7/14@12:16 PM - 返信

    ポンさん

    この記事すごくためになりました!
    いつもほんと気を使っちゃって地雷踏んでも
    キャンセル出来ず最後までいっちゃうんですよね。

    今後は勇気を持ってキャンセルします!

    自分もがっぷりよっさんのブログよく読んでました(^-^)

    • ポンコシ

      2018/7/14@1:41 PM - 返信

      トイさん、参考になってたら良かったです^ ^
      キャンセル、難しいですよね。

      座ってもらって嫌な予感したら85%はその予感当たってるんですけど、言えないもんだから「プレイは大丈夫なはず」って自己完結しちゃうんですよね。
      でも、ベッドに入ったらやっぱり地雷炸裂俺爆死、的な。w
      ホント難しい!ww

      「がっぷりよつ」記事の重厚感ハンパないですね。w

コメントを残す