ピンチからの復活?!ロシアンギャルのピンク乳首とパイパン万個は堪能できるのか?!w【写メと動画で楽しむ風俗旅行記★2018年2月ロシア ウラジオストク❺】

1ヶ月以上空いてしまったウラジオストク風俗旅行記再開しますw

 

 

やっぱり記事出し切る前に旅行入れちゃうとダメですね。

 

中断すると書いてる方も読んでる方もテンポ悪くなると思います。

 

 

 

とりあえず、前回はウラジオストクの街をうろつきながら

 

ポンコシピンチかもw セックス探してウラジオストクを彷徨いたどり着いた場所【写メと動画で楽しむ風俗旅行記★2018年2月ロシア ウラジオストク❹】
ポンコシピンチかもw セックス探してウラジオストクを彷徨いたどり着いた場所【写メと動画で楽しむ風俗旅行記★2018年2月ロシア ウラジオストク❹】

美味しいロシア料理を食べてエロ探索に繰り出した変態一行が見つけたセックスへの扉。 重く冷たいドアの向こうに待っていたものとは・・・

 

 

ロシア風俗・エロティックマッサージへ行ってみようって事だったんですが

 

少しおさらいを

 

 

まず

 

 

 

 

 

で、ウラジオストクのエロティックマッサージを2つほど目星つけたポンコシとXYZ。

 

お互い別々の店に向かうことに。

 

 

 

XATA CLUB(エロティックマッサージ)に向かうXYZ

 

 

 

一方、ポンコシは

 

 

 

 

 

 

で、ポンコシはタクシーに乗ってまだ見ぬエロティックマッサージ店へ向かうんですが

 

 

 

 

 

 

連れて行ってもらった住所は

 

高速道路脇の寂れた団地群でひと気の無いなにやら怪しい雰囲気。

 

 

 

 

 

 

どうすれば良いのか分からず途方にくれたポンコシ。w

 

 

ビルの周辺にて怪しげな扉を発見。

 

 

 

気温-25度。

 

極寒のロシア屋外で残された道は他になく

 

 

意を決して謎の扉をノック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目 19時@ウラジオストク郊外の謎ビル

 

 

 

 

 

鉄の扉が開くと中からピンクの光が漏れてきたと同時に

 

 

人が中から出てきて

 

 

 

 

 

чжиб$ное%вѣ@ое%!!

 

 

рв>ьт!#б=¥*?тер!!!

 

 

 

 

 

 

 

ロシア人の若い女の子がキレ気味でなんか言ってきました。

 

 

 

 

お、おお・・・

 

 

 

 

 

 

なんだこの状況は。。

 

 

 

このプチキレロシアンギャルの様子を見ていると

 

 

ロシア語でなに言ってるか全くわかりませんが、w

 

 

多分、ジェスチャーから察するに

 

あっちいけと言ってる感じ。w

 

 

 

しかし、ここで扉を閉じられてはマジで途方にくれてしまうポンコシ。

 

 

 

 

Ok ok ok ok

 

Please hold on

(待ってください)

 

 

とこちらもジェスチャーで応戦。

 

 

しかし、ロシアンギャルは止まらず

 

 

чжиб$ное%вѣ@ое%!!

 

рв>ьт!#б=¥*?тер!!!

 

 

 

 

 

Wait wait  WAIT

(ちょ、ちょ、待って)w

 

 

Could you please 

(どうか)

 

just

 

let me talk little bit

(少し話を聞いて)

 

 

Please

 

I really need your help here

(助けが必要なんです)

 

 

 

と言ってみたものの

 

ぶっちゃけ、全く通じてない気しかしません。w

 

 

 

 

Pandora?

(パンドラ?)

 

Is this place Pandora?

(ここはパンドラですか?)

 

 

 

すると彼女はまくし立てるのをやめ

 

 

 

DA!!

(ロシア語でイエス)

 

 

 

 

そう、ポンコシが目指したエロティックマッサージの名前は「パンドラ」でした。

 

 

 

そして、やはりこの扉はパンドラへの入り口だったわけです。

 

 

 

 

すかさずスマホを取り出しGoogle翻訳で

 

 

 

「マッサージを受けたい」

 

 

とロシア語で表示させました。w

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、ロシアンギャルは不機嫌そうにオーマイガーのポーズでため息。

 

 

そして、自分のスマホを出しパタパタタイプし始めました。

 

 

 

 

で、見せてきた画面に表示されいていた英語は

 

 

 

 

「1日前に予約しないと無理」

 

 

 

 

 

 

 

 

と試合終了〜。

 

 

 

 

ここまで来て・・・

 

 

 

 

ど、どうすっぺ。。

 

 

と思ったポンコシ。

 

 

 

 

の、脳裏に思い浮かんだのは恩師のあの言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐ。

 

 

 

 

 

 

再びスマホを手にしてGoogle翻訳へ打ち込むポンコシ。

 

 

 

 

I came from Japan

(日本から来ました)

 

And I have to go back tomorrow

(明日日本に帰らなければなりません)

 

 

 

I really want to get message

(どうしてもマッサージを受けたい)

 

Please

(お願いします!)

 

 

 

 

マジでお願いします!の思いを込めて、両手のシワとシワを合わせてお願いしました。w

 

 

 

 

 

 

 

 

Ahhh!!

 

чжиб$ное%вѣ@ое%!!

 

рв>ьт!#б=¥*?тер!!!

 

 

 

と再び叫び始めるロシアンギャル。w

 

 

 

 

ぶっちゃけ、ロシアの女の子が捲し立てるとちょっと可愛いです。

 

 

プルルルシーチョフ!ボルルルーシチ!

 

オオオ!!カモーン!!

 

 

みたいな。w

 

わかりずらいですけど、プリプリ巻き舌で言ってて声が高くて可愛いんですよ。w

 

 

 

 

すると、カードを出してポンコシに渡すロシアンギャル。

 

 

 

ん?と思いカードを受け取ると、

 

 

それはエロティックマッサージ・パンドラのビジネスカード。

 

 

 

 

 

 

で、電話番号を指差し

 

 

「予約しろ」と。

 

 

 

 

明日じゃ遅いんだ〜w

 

 

 

 

 

で、再びGoogle翻訳で食い下がろうとしたら〜

 

 

 

 

 

ポンコシの後ろから今度は〜

 

 

 

 

 

ロシアンガーイがとーじょー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hey!

 

 

 

 

 

 

やべー!!

 

 

マフィアだ!ロシアンマフィアだあああ!!

 

 

 

 

 

 

 

と思ったけど、そこまで怖い兄ちゃんじゃなかったです。w

 

 

20半ばのいたってふつーな感じのロシアン青年。

 

 

 

 

すると、ロシアンギャルが再びロシアンガイにプリプリまくし立てます。w

 

 

 

プルルルシーチョフ!ボルルルーシチ!

 

чжиб$ное%вѣ@ое%!!

 

рв>ьт!#б=¥*?тер!!!

 

 

 

 

ポンコシも負けじとGoogle翻訳で

 

 

「頼むからマッサージを受けさせてくれ!

 

明日日本に帰るから今日しかないんだ!

 

今日じゃなきゃダメなんだ!

 

頼むから助けてくれ!」

 

 

と、まくし立てました。w

 

 

 

 

 

すると今度はロシアン兄ちゃんが

 

 

 

Uhh…

 

 

YOU

(お前は)

 

have to 

(しなきゃあかん)

 

reserve

(予約を)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言い残して、ロシアンガイはパンドラの中へ

 

 

 

と同時に鉄の扉はプリプリロシアンギャルによって閉じられてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンコシ君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うるせーデブ!

 

 

 

 

 

 

もうとっくに終わってんだよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、鉄の扉の前に呆然と立ち尽くし

 

 

途方にくれるポンコシ。

 

 

 

 

しかし10秒で寒さで我に返り、とりあえず建物を離れて屋内に入れそうな所を探すことに。w

 

 

 

薄暗い団地街をうろうろしてみると

 

 

近くにちっこいスーパーみたいな物を発見!

 

 

 

これなら帰れる。

 

 

と思い、とりあえず建物入り口の半屋内的な所へ避難。

 

 

 

 

そして、手に持っていたパンドラのカードを再び見つめるポンコシ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐぐぐ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

プ、ピ、パ、ポ、ぺ・・・

 

 

と、ひとつめの番号をいつの間にかダイヤルしてたポンコシ。

 

 

 

 

トゥルルルルルルル・・・

 

 

 

トゥルルルルルルル・・・

 

 

 

トゥルルルルルルル・・・

 

 

 

 

 

プ。

 

 

 

чжиб$ное%вѣ@ое%?

 

 

 

繋がった!

 

 

 

Hello Hello?

 

Uh.. Is this Pandora?

 

Pandora?

 

 

 

Uh.. Yes

 

 

 

Can I make a reservation?

(予約できますか?)

 

Booking ok?

(ブッキング=予約)

 

 

Uh.. Yes

 

 

 

イエス!

 

 

 

I’d like to make a reservation for tonight!

(今夜の予約をしたいんです!)

 

Booking tonight

 

 

чжиб$ное%вѣ@ое%?

 

 

 

ロシア語わからんてッ!!!

 

 

 

 

 

 

Tonight  Tonight

 

 

Huh?

 

 

 

ダメだ

 

会話にならない!

 

 

 

とその時ポンコシ閃いた。

 

 

 

I will text you!

(ショートメール送ります!)

 

 

Message!

 

Mail!

 

 

Send You Messages! Mail!

(メッセージ送ります!)

 

 

 

Ok

 

 

 

 

そして電話を切り

 

 

早速ショートメールで先ほどのカードの番号へメッセージを発射!

 

 

 

 

たった今電話しました

 

 

 

ヒューウ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と1分ほどじっとしていたら

 

 

 

 

 

ティコーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すかさずGoogle翻訳でロシア語を出して予約したい旨を伝えます。

 

 

 

 

 

するとなぜか英語で返答がw

 

 

 

しかし、案の定「明日来たいの?」と聞かれたので、

 

 

「今夜行っても良い?」と応戦。w

 

 

 

 

 

すると

 

 

 

まさかの

 

 

 

 

 

「イエス、何時に来たいの?」

 

 

 

 

 

 

ぬううう

 

 

 

 

 

これは行けるかも!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

で、近くにいるから、今すぐ行っていいか聞いてみると。

 

 

 

 

 

まさかの〜

 

 

 

5分で大丈夫ってー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いても立ってもいられなくてソッコーで扉の前に行ったポンコシ。ww

 

 

5分待て

 

 

 

 

そして、数分待っていると

 

 

 

 

「扉を通って

 

女の子たちが待ってるから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しくてたまらなかったです。

 

 

 

 

 

 

間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに、

 

 

 

一度は閉ざされたこの憎っくき扉を開ける時が!

 

 

 

 

 

 

ノブに手をかけ鉄の扉を引くと

 

 

中は2枚扉になっているようで、奥のガラス扉の向こうにピンクの光と薄暗い空間見える。

 

 

 

 

 

 

ドアを開けて進むと、なにやら洋館みたいな雰囲気の内部へ。

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

ああ!!

 

 

 

 

 

 

 

先ほどのまくし立てロシアンギャルを発見!w

 

 

 

しかも、さっきはスウェットにジーパンみたいな格好だったのが

 

 

黒いミニのワンピに着替えてる。。

 

 

 

 

 

しかもこれが可愛ええよ・・・

 

 

 

 

 

 

しかもしかも、先ほどとは打って変わってニコニコと愛想の良いロシアンギャル。w

 

 

 

他にはもう一人、黒髪のちょいムチなロシアンギャルを発見。

 

 

入り口横にある待合室的なボックス空間

 

 

 

すると、靴を脱いでスリッパに履き替えて、とジェスチャー指示が。

 

 

 

先ほどの流暢な英語でのメッセージのやり取りはなんだったのか

 

 

館に入ると再びロシア語オンリーに。w

 

 

 

 

そして、靴を脱いだら待合ブースに座って待っててと再びジェスチャー指示。w

 

 

 

 

彼女らの会話は微塵もわからないポンコシw

 

 

 

ソファーに座ると

 

 

ロシアンギャル2人がポンコシの隣に来てニコニコしながら

 

 

 

 

 

 

スマホを見せてきたんですが

 

 

そこには

 

 

 

 

 

No SEX

 

 

 

の文字が。

 

 

 

 

 

 

で、さらに

 

 

 

Here

 

No Sex

 

 

と、黒髪ロシアンギャルに口頭で言われました。w

 

 

 

 

I can’t have a sex?

 

 

No

 

 

と首を横に振るロシアンギャル。

 

 

 

ホンマでっか

 

 

 

うーん・・・ホントか?

 

 

と思ったものの、とりあえず「セックスさせて」とは言えないのでw

 

 

 

Ok

 

Erotic massage

(エロティックマッサージ)

 

 

と。

 

 

 

 

すると今度は

 

 

「どっちの女の子を選びますか?」という旨の翻訳画面を提示して来ました。

 

 

 

なるほど

 

ここで選ぶのね。

 

 

 

 

で、ポンコシ

 

 

ここは1ミリの迷いもなく

 

 

 

まくし立てロシアンギャルを選択。www

 

 

 

 

するとニコッとするまくし立てロシアンギャル。

 

 

 

 

 

やっぱり可愛ええよ・・・

 

 

 

w

 

 

 

ブロンドと言うよりはちょい赤毛入った感じのロシアン。

 

 

 

 

で、コースはどーするって話になったので、ホームページに書いてあるコースで2つ気になるコースがあったので、何が違うのか質問してみたんですが

 

 

翻訳を使っても全く意味不明。w

 

 

 

ポンコシ的には、コースによってセックス有る無しが決まるのかな、と思ってたんですが、

 

全く説明が意味不明で違いが全く解らず。ww

 

 

 

仕方ないので、ネットにはエロティックマッサージはだいたい5,000ルーブル前後と書いてあったのでその辺のコースを選ぶ事に。

 

 

で、5,500ルーブル(約1万円)をその場で支払いました。

 

 

 

 

支払いが終わると、ミニスカートのまくし立てロシアンギャルがポンコシの手を取りこっち来てと。

 

 

誘われるがままに彼女の後について洋館奥の廊下へ。

 

 

奥が廊下

 

 

 

すると、廊下には扉が2つ。

 

 

その1つの扉を開けて中に入るロシアンギャル。

 

 

 

連れられて入ると

 

 

目に飛び込んで来たのは

 

 

 

 

何やら儀式的な空間。。w

 

 

 

 

 

 

 

どうやらここでエロエロエロティックマッサージをやってくれるみたい。w

 

 

 

なんか西洋人っぽいですね、こう言うところ。

 

東南アジアのマッサージではムードと言うかデコレーションと言うか、そう言うのこだわってるところあんまり見た事ないので。w

 

 

 

 

で、キョロキョロしていると

 

 

ロシアンギャルが笑いながら

 

 

 

Shower together?

 

Alone?

 

 

と聞いて来ました。w

 

 

 

 

もちろん

 

 

 

Together!

 

 

と、ルー大柴ばりに一言。w

 

 

 

 

ロシアンギャルがどんな感じでちんこ洗ってくれるのか気になるでしょ。w

 

 

 

 

 

 

 

すると、部屋に置いてるバスタオルを指差して、服を脱ぐジェスチャー指示。

 

 

と言う事で、服を脱ぐポンコシ。

 

 

ロシアンギャルは一旦部屋を出て行きました。

 

 

 

 

で、フルチンになってバスタオルを巻いていると

 

 

これまたバスタオル1枚になったセクシーロシアンギャルがニコニコしながら登場。

 

 

 

てか、可愛いよ。ww

 

 

多分、23, 4くらいだと思うんですが、若い白人の可愛い子はやっぱり可愛いです。w

 

 

 

 

 

で、再び廊下へ出てさらに奥の突き当たりに行くとバスルームの登場。

 

 

ブラックライトで薄暗いバスルーム

 

 

 

お互いバスタオルを取ると

 

 

待ちに待ったロシアンギャルのヌードが眼前に!!

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

ロシアンギャルのおっぱいは推定Cカップで、

 

 

乳首はピンクー!!

 

 

 

 

そして下はもちろん

 

 

パイパン万個ー!!!

 

 

 

大正解w

 

 

 

ちょっとボッキしちゃうよこの裸体。w

 

 

 

で、ロシアンギャルに洗ってもらいました。

 

 

まさか、人生でロシアンギャルに身体を洗ってもらう機会があるとは夢にも思わなかったです。w

 

 

 

 

そして洗いはいたってふつー。w

 

 

ぶっちゃけ、韓デリも和デリもエロティックマッサージもシャワーの洗いは違いないかも。

 

ボディーソープつけて軽めに表と裏面、そしてちんこをしこしこ洗ってくれる感じ。w

 

 

 

でも、可愛い子に洗ってもらうとちんこがボッキするってのは日韓露変わらない事実だと思います。w

 

 

 

 

で、5分ほどでシャワーを済ませたら、まさかのまくし立てロシアンギャルからの拭きアシw

 

 

身体を拭いたら一緒に部屋へ戻り〜

 

 

 

 

いよいよエロティックマッサージのスタートー!

 

 

 

+(0゚・∀・) + ワクテカ+

 

 

+(0゚・∀・) + ワクテカ+

 

 

+(0゚・∀・) + ワクテカ+

 

 

 

 

まずは、バスタオルをケツに乗せたままうつ伏せでオイルマッサージ。

 

 

真面目にマッサージされます。

 

まあまあ本格的な気がしました。

 

 

 

で、30分ほどまあまあ本格的なマッサージをしてもらったら

 

 

ロシアンギャルがバスタオルを取って裸になり

 

 

そのままポンコシの背中に乗っかってキター!

 

 

 

 

つまりこれは

 

 

 

おっぱいマッサージだ

 

 

 

 

 

 

ローションを適度につけておっぱいで背中をさわさわ。

 

 

ポンコシおケツをさわさわ。

 

 

くすぐった気持ちいやつですね。w

 

 

 

すると、今度はうつ伏せになってるポンコシの股間に手を滑り込ませて来て

 

 

既にボッキしてるポンコシちんこをしこしこローション手コキ!!

 

 

 

 

グアあ!

 

 

これはエロ気持ちイイ!!

 

 

 

めでたくカッチカチなりましたw

 

 

 

でも、これは3分ほどで終了。w

 

 

 

すると仰向けになるように指示されて

 

 

久しぶりに赤毛ロシアンギャルちゃんの笑顔とご対面。

 

 

 

こんなに愛想良かったっけ?ww

 

 

 

 

すると今度はポンコシの表面におっぱいマッサージ!

 

 

 

 

やべー。

 

 

ロシアンギャルちゃんのピンク乳首とポンコシのポンコツ乳首が合体してるよ〜。w

 

 

 

 

 

 

適度に手コキしながらポンコシの身体の上を縦横無尽に走り回るロシアンおっぱいとピンク乳首。

 

 

たまらんですよ〜。

 

 

 

45分前の凍死の危機にさらされていたポンコシとの格差。

 

 

人生何があるかわかりません。w

 

 

 

 

で、お次はロシアンギャルちゃんがポンコシの股間の上に来て〜

 

 

 

 

これは!

 

 

 

これはこれは!

 

 

 

 

いちゃうのか〜?!?!

 

 

 

 

ついに〜

 

 

 

 

パイパン万個で〜

 

 

 

 

真面目な騎乗位素股だあー!!!

 

 

 

 

 

 

 

て、初めからゴムなんかどこにも無かったんで当たり前でした。w

 

 

 

 

でも、ガチ若ロシアンギャルのパイパンマソコをぬるぬると押し付けられるのはマジで気持ち良い。

 

 

 

ふつーに

 

 

 

 

なります。w

 

 

 

 

で、騎乗素股してるとロシアンギャルちゃんも微妙にアンアン言ってくる。w

 

 

 

 

 

 

 

ポンコシも興奮マックスで

 

 

そのまま騎乗素股を5分もしてもらわないうちに

 

 

 

 

恒例の

 

 

 

 

 

 

I’m cuming!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、自分の腹に被弾しました。ww

 

 

 

 

久々の真面目素股でしたが、ローション素股好きのポンコシとしては、挿入無かったもののなかなかの満足度でした。w

 

 

 

で、発射したら再びシャワーでロシアンギャルちゃんに洗ってもらい

 

 

その後は部屋に戻って、服来たら外に来てと指示され、色々身支度してエントランスへ。

 

 

 

 

すると、ロシアンギャルちゃんがバスタオルでティーを用意して待っててくれました。w

 

 

 

 

Sit down

 

Drink tea

 

 

なんか、まくし立ててた頃とは全然違う完全なる良嬢になってるww

 

 

 

で、ティーを飲みながらw、ロシアンギャルちゃんに

 

 

Can you call a taxi for me?

(タクシー呼んでもらえる?)

 

 

と聞いたら

 

 

ニコッと

 

 

Da da(Daはロシア語でイエス)

 

 

 

タクシーを呼んでるロシアンギャルちゃん

 

 

ホテルのカード(住所が書いてある)を彼女に渡して、説明してもらいます。

 

 

 

で、10分ほど2人でティーを飲みながら片言で会話。

 

 

するとタクシーが到着したようで、「日産のナンバー179が外で待ってるから」と。

 

 

ロシアンギャルのスマホの翻訳

 

 

 

で、ロシアンギャルとハグをしてエロティックマッサージの館を後にしました。

 

 

 

 

 

 

外に出ると、建物の前に日産179を発見。

 

 

無言でタクシーに乗り込み、ウラジオストク中心地へ帰るぞー!

 

 

 

 

 

 

 

で、15分もせずにあっと言う間に滞在先のプリモリエホテルに到着!

 

 

 

 

 

 

無事戻ってこれたー!

 

 

って安堵と、ロシアンギャルと遊んだ疲労でどっと疲れたポンコシでした。w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとか

 

なんとかかんとか無事にミッション完了!

 

どうなる事かと思ったものの、一転二転してシャセーと帰還を完了できました。w

 

 

ただ、ウラジオストクのエロティックマッサージ・パンドラはセックスが無いってホント?

 

この疑問は今でもポンコシは持ってます。

 

あの個室であのプレイ内容だと、正直セックスしても誰かにバレるって事は無いです。

 

なので、ポンコシ的考察は、地元ロシア人はセックスしてるんじゃないのかなーって。

 

そんな気が今でもしてます。

 

外人ももしかしたら、上手くやれば、もしくはリピートしたら、とか。

 

 

とりあえず、パンドラのHP載せておくので、セックスチャレンジしたい人や、素股でも良いからロシアンギャルにヌイてもらいたいって人はどーぞ。w

 

 

ウラジオストクのエロティックマッサージ・パンドラ

 

 

ただ、このホームページに載ってるような豪華な施設は無いので気をつけて下さい。w

 

それと、予約の際はパンドラの電話番号にショートメールを送るのが一番手っ取り早いと思います。

 

 

 

 

で、ホテルに戻った後は

 

もちろん、XYZも既にホテル戻って来ていたのでそのまま飯を食べに行くことに。

 

 

ホテル近くにあった日本語メニューのあるロシアンレストラン

 

 

お洒落というより落ち着く店内

 

 

 

で、パツイチ後のカンパーイ!

 

 

ポンコシのお土産マトリョーシカとロシアの黒ビールw

 

 

 

もちろん、メニューはロシア料理で。

 

 

ボルシチw

 

 

魚ムニエル的なのとキノコのクリームソース炒め的なのw

 

 

どれも美味かったけど、キノコ料理は抜群に美味かったです。

 

 

で、食った後は近くのスーパーで

 

あの、蔵出し生地ビールを購入。

 

 

白黒両方(しかも数百円とかなり安かった)

 

 

後はチーズとかつまみを買って〜

 

 

 

 

ホテルで宅飲みw

 

 

 

 

ウラジオストク初の風俗挑戦、お疲れ様でした〜(´∀`)

 

 

めちゃウマの樽出し黒ビール

 

 

 

次回は、エロティックマッサージとは別のロシア風俗に挑戦!

 

今度こそロシアンギャルの万個に打っ込めるのか?!(下品でホントスミマセンwww)

 

 

 

 

 

 

18 comments to this article

  1. いっちゃん

    2018/4/26@6:37 AM - 返信

    諦めたらそこで試合終了

    どんな事にも当てはまる言葉 そして実行に移す行動力

    ポンコシさんはブロガーの鏡! いや職人ですね!
    性職人ですねw

    勝手ながら師匠と呼ばせて下さい。

     

    • ポンコシ

      2018/4/26@4:24 PM - 返信

      師匠はやめてください。w
      見に余るお言葉ありがとうございます^_^

      色んな世界を見たいですが、身の丈にあった範囲で活動して行きます。w

  2. しんのすけ

    2018/4/26@11:41 AM - 返信

    ポンコシさん、
    初ロシア発
    おめでとうございます

    ヘコタレナイところがさすがポンコシさんですね

    凸撃までの苦難が多ければ多いほど達成感ありますよね
    次回の苦難楽しみにしてます

    • ポンコシ

      2018/4/26@4:22 PM - 返信

      ありがとうございます^_^
      恩師の言葉のおかげです。w

      あの時のシャセーはまじでプライスレスでしたww

      他人の苦難を楽しみにしないでください。w

  3. フレコン

    2018/4/26@11:45 AM - 返信

    ポンコシさん

    待望の続きなんで、④から読み直してしまいました(笑)

    ロシア嬢のエロマッサージ&素股・・・・立派な風俗です

    もの凄く、体験したいんですが、キスはダメなんでしょうか?

    猛烈にブチ切れてたのが、嘘のように笑顔で接客・・・しかも片言の英語って(汗)

    かなりのツンデレ具合に、一種のプレイなのかと思いましたが

    最後には、バスタオル姿の写真撮影まで許してくれるなんて

    ロシア嬢が天使さんに見えました、裏山C

    ウラジオストック、是非、観光(エロ)に買い物(エロ)

    そして、マッサージ(エロ)に行きたいと思います(笑)

    • ポンコシ

      2018/4/26@4:18 PM - 返信

      4から読んでいただけて良かったですw

      ロシアにてロシア嬢からのらサービスは、自分の風俗歴を振り返っても感慨深いものありましたww

      キスはどうなんでしょう。
      自分は韓デリ以外ではキスする事ってほぼ無いので未トライで不明ですww
      どんな子でよ相性良ければやってくれそうな気もしますけどね。

      まさにツンデレ嬢、若気の至りかもしれませんw
      白人のガチ若に脱いでもらうと本物の天使に見えます。本物見た事ないですがww

      ぜひエロと風俗を堪能しに行ってみてください^_^
      成田から2時間ですからねww

  4. バッカス

    2018/4/26@4:14 PM - 返信

    そこまで言われたのに、あきらめずに電話したことがドーン!に繋がりましたね。

    しかし、そのロッシャーンギャルの豹変ぶりがとにかく笑えます。

    その開拓者魂にいつもながら感服します!

    • ポンコシ

      2018/4/26@4:20 PM - 返信

      一度は悪態ついてしまいましたが恩師に感謝です。ww

      はじめはめっちゃ不機嫌だったんですけどね〜。
      ミニスカート履いてヒール履いたら豹変。
      女は怖い生き物です!www

      ありがとうございます^_^

  5. たかろん

    2018/4/26@9:21 PM - 返信

    ポンコシさんロシアなかなかの強敵ですね(^^; 俺ならロシア語で捲し立てられた時点で泣いてますww やっぱり白人の綺麗さも体験しないとですね!白人さんてかなり早熟ですよね(^^♪ あまりに可愛いくて美人だから年齢聞いてみたら女子高生だった事ありますからねw 俺も今のうちに諦めない精神鍛え直しときます!それにしても今までとは部屋の雰囲気が全然違いますね(゚o゚; 興味はありますけど自信が出ないww 先ずはポンコシさんの記事で楽しみます!

    • ポンコシ

      2018/4/28@8:16 PM - 返信

      ロシアはなかなかですねw
      でも、若い白人の肌はやっぱり良いですね。
      自分もそんな経験豊富ではないですが、白い肌が薄くて柔らかい気がしますw

      ロシアもウクライナも女の子はセンスありますね〜。
      ファッションや物の見た目に対しての考え方がアジア人とはちょっと違うなって思います。

      ありがとうございます^ ^
      イメトレしていつかロシア行ってみてください。
      韓国からならもっと近いですし、韓国人沢山いますよウラジオw

  6. にゃも

    2018/4/26@11:06 PM - 返信

    ポンさん、さすがですw
    まくし立てられた時点で僕なら
    怖じ気付いて諦めてしまいますw
    さらに後ろからロンアンガイが
    出てきたら…
    恐ロシアww

    エロマッサージで
    ポンさん側からの
    攻めは一切なしですか??

    • ポンコシ

      2018/4/28@8:12 PM - 返信

      ロシアンガイはちょっとビビりましたねw
      あれでゴツかったら諦めてましたww

      海外で女の子遊ぶ時はほぼ攻めないんですよね。
      なんかリラックスしたくて、やりたいようにやってもらってるだけなのでぬるい客だと思いますww

  7. マルクスエンゲルス

    2018/4/27@8:37 PM - 返信

    今回も出ましたね、ポンコシ突撃隊。さすがです。
    この行動力、頭下がります。ペコリ。
    しかし、嬢の豹変ぶり。なんだったのでしょうか。
    5分前でもいいから絶対予約しろ、ということなのかな?
    まあ、そういう店の規則でもあるのかも。
     あと、これって、交渉次第で(チップ次第で)本番あり
    って感じじゃないかな?思うに。
     フィットネスコンテスト観ました?
    2018 SPOEX WFF ASIA というコンテストです。
    ここに出ている51番の子が、めちゃかわいいです。もろタイプ。
    2018 SPOEX 51 で観れます。チェックしてみて。

    • ポンコシ

      2018/4/28@8:10 PM - 返信

      今回の突撃隊はこれまででもなかなか苦難でしたw
      おかまと遊ぶ方がよっぽど楽で楽しいですww
      そうですね。予約しないと準備出来ない、的な感じでしたね。

      チップで行けますかね〜。
      白人はどんな感じなんですかね。金で動くのかちょっと判断つかない感じでしたね。
      逆に、イエローモンキーがバカにするな的にキレられてもやだったので何もしませんでした。w

      SPOEX見ましたよw
      51は確かに可愛いですね。ムキムキ過ぎない感じもちょうど良いですね。
      てか、長すぎて全部見れませんでしたよw
      個人的には7とかもありだったかな〜。
      確かですが、ムキムキ過ぎないのがやっぱり良いですね。
      それにしてもなんでマルクスさんはこのコンテスト見てたんでしょう。そっちの方が気になるかもw

  8. 猛虎

    2018/4/28@4:11 AM - 返信

    まくし立てられても諦めない鉄のメンタル!
    流石です。見習います。

    • ポンコシ

      2018/4/28@7:48 PM - 返信

      いえ、この時は諦めたらどうやって帰れば良いのかわからなかったので必死だっただけですよw
      猛虎さんも同じ状況なら他に道はないかと思いますw

  9. マーシャル

    2018/4/29@6:32 PM - 返信

    チャレンジ精神を感じました。お疲れ様でした。ローカルの遊び方は、ローカル事情に詳しい人がいないといろんな意味でコストが高くなりますよね。次も是非頑張って欲しいです。
    ところで、コストは高くなるけど、ポンコシさんほどの英語力があるなら、いつか本場USでのレポートも期待してます!笑

    • ポンコシ

      2018/4/30@12:41 AM - 返信

      チャレンジ精神ww
      いや、どちらかと言うと四面楚歌でそれ以外選択肢が無かったんですよw
      ありがとうございますw

      多分ロシア以上にキツそうなところと言ったら、イメージですが北米と中南米でしょうか。
      北米は言葉がわかるので良いですが、中南米はロシアと同じような苦戦がありそうですね〜。

      U.S.の風俗やたちんぼに関しては、薬とギャング多いイメージなので嫌です!
      でも、来年あたりひょっこり行くかもしれません。w

コメントを残す